ピアノコンサートのご報告
住宅型有料老人ホーム @浦和大門 2018年05月15日


イリーゼ浦和大門のブログで今回ご報告するのは、4月に開催したクラシックピアノコンサートのお知らせです。お客様のご家族様のご協力を頂き、プロのピアノ奏者である、雁部一浩様、水谷紀子様がいらしゃいました。

お客様も、あまりクラシックを聞きなれないという方もいらしゃいましたが、多くのお客様に参加頂けました。

早速ですが浦和大門でのコンサートのご様子をお知らせ致します

コンサートプログラムイリーゼ浦和大門

曲名だけでは覚えていらっしゃらないかと存じますが、実は何度か耳にされたことがあるというご感想も頂きました。

調律師もご家族様のご厚意で呼んで下さいました
調律師もご家族様のご厚意で呼んで下さいました。数時間かけて本格的なものでした。

本格的なピアノコンサートINイリーゼ浦和大門開始前のご様子です

コンサートプログラムに見入るお客様の姿がうれしい限りです。期待感が高まります。

ピアノが見える位置にお客様をご案内。いよいよイリーゼ浦和大門でのピアノコンサート開始です。

ピアノコンサートのプログラムを見つめる皆様
プログラムを見つめるお客様。普段はクラシックに全く興味がないお客様も本当に真剣に見つめられております。

 

イリーゼ浦和大門ピアノコンサート演奏開始です。

ピアノ奏者水谷様の動きにお客様も魅入られました。
ダイナミックな動きと繊細な動きにお客様は耳で感じ、目で感じ、肌で感じ、心で感じる演奏となりました。イリーゼ浦和大門

演奏する動きや全身で感じる音に、イリーゼ浦和大門にお住いのお客様が集中されております。

音と共にダイナミックなピアノ奏者の動きにうっとりです。

雁部一浩さま、イリーゼ浦和大門ピアノコンサート

介護保険をご利用のご高齢のお客様は平均して1時間も集中できないことが多いものなのですが、見事に最後まで集中されておりました。

全身で感じる音楽は最高ですね。

最後はアンコールです。

曲目の分かり易い紹介
丁寧にお客様に分かるようにご説明頂きました。最後はアンコールです。

お客様の多くがコンサート終了後、『やっぱり本物は違うわね』、『耳肥えちゃったなあ』などの声が寄せられて、大盛況の内にピアノコンサートINイリーゼ浦和大門が終了致しました。

今後とも継続して様々な取り組みをさせて頂きます。

ご入居者様のご家族様の協力のもと、ピアノコンサートが実現したこともご報告させていただきます。

ではまた、イリーゼ浦和大門のブログを見てくださいませ。

アクセスマップ

イリーゼ日記一覧へ