外出食企画ちゃんこ鍋 イリーゼ浦和大門TO両国
住宅型有料老人ホーム @浦和大門 2018年04月16日


食の企画(いわゆる食レク)で『ちゃんこ鍋』をイリーゼ浦和大門から外出レクリエーションを実施致しました。

今回は、老人ホーム内部で行うのではなく『外出』して『本物』を味わいました。場所は両国にある『ちゃんこ鍋霧島』。出汁が効いておいしかったそうです。お年を重ねると雰囲気と美味しさが重要ですね。

車から見える景色もまた、ご高齢者にとっては、新鮮で、全てが光り輝いて見えると介護保険業界では言われるほど外出は重要です。

イリーゼ浦和大門から外出食レクの雰囲気をご紹介致します。

『やっぱ両国は、本場ね』とはお客様からの声です。評判は上々です。両国へ向かう車中も話題が尽きません。

入店とすると早速注文致しました。だし汁の香りに流延の的です。お客様といつ食べられるかお話したり、ドリンク類を飲みながら会話を楽しみました。

熱すぎないか、お客様と話しながら最初は恐る恐る口にいたしました。『美味しいわねえ』『うまいなあ』非日常を味わうのは格別ですね。

ちゃんこ鍋のお出汁はあっさり目ですが旨味がご高齢の皆様にあっていたようでホッとしました。

 

相撲博物館へ外出イリーゼ浦和大門
次は相撲博物館です。そばでお客様と沢山記念撮影を致しました。表情をお見せ出来ないのが残念ですが、お客様のご様子など今後もご報告させて頂きます。

大満足の外出となりました。今後ともイリーゼ浦和大門のブログを宜しくお願い致します。

では、また。

イリーゼ日記一覧へ