実りの秋、ナスを収穫。
住宅型有料老人ホーム @浦和大門 2014年09月08日


お久しぶりです。イリーゼ浦和大門の理学療法士です。
前回の記事から長く期間が空いてしまいました。

初夏からみんなで育ててきたナスが食べごろを迎えたので、先日収穫と試食をしました。入居者の方とホームセンターで苗とプランターを購入

家庭菜園をしたいと動き出しては見たものの、職員の方は畑仕事に疎く…。

入居者さんと一緒にホームセンターに行くと、これで大丈夫と揃えてくれました。

 

水やりや日々の観察

台風や強風のときにはお部屋の中に入れて、大切に育ててきました。

プランターが小さくて、水やりを一日忘れると萎れてしまい、みんなで心配しました。

 

たくさん実りました

ついに実をつけました。入居者の方から、「はじめの1つ目は切って捨てちゃうんだよ」と教えてもらいました。

そうすると、そのあとにたくさん実をつけるそうです!

 

試食してみました

「昔はナスは生でもたべたよ」という話も聞きましたが、せっかくなので簡単な調理をしました。

職員も入居者も 和気あいあいと楽しく料理しました!

 

 

同じ釜の飯を食う ということわざは本当だ

毎日を一緒に過ごし、苦しいことや、 楽しいことを共に感じて過ごすということで入居者同士も、そして職員も親しい間柄に近づけると実感できました。

 

イリーゼ日記一覧へ