イリーゼ日記 | @八千代村上

新年明けましておめでとうございます
@八千代村上 2018年1月16日


 

 

 

皆様、新年明けましておめでとうございます。イリーゼ八千代村上です。旧年中はひとかたならぬご厚誼を賜りまして、大変ありがとうございました。本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。 さて、今月は昨年12月24日に開催されましたクリスマス会の模様をご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

今年も大正琴演奏のボランティア様にご参加頂きまして、大変賑やかなクリスマス会となりました。ご協力いただきましたボランティア様方、誠にありがとうございます。おかげさまで、ご入居の皆様共々楽しい時間を過ごすことができました。

 

今年の皆様へのプレゼントは、実用性も踏まえてご入浴時に使える「洗身タオル!」お名前も皆様のものを入れてご用意させて頂きました。さて、クリスマス会から年の瀬を越えて2018年の新春となりましたが、本年もイリーゼ八千代村上をどうぞよろしくお願い致します。スタッフ一同皆様のご多幸をお祈りしております。

 

 

 




運動会レクを開催いたしました
@八千代村上 2017年12月16日


 

 

 

皆様こんにちは。イリーゼ八千代村上です。今年の冬は厳寒とのこと、さらに感染症の流行もはじまっています。皆様お体ご自愛の上、元気に年末・年始をお過ごしください。

 

さて、11月のレクは、10月に延期となっておりました運動会レクを開催いたしました。賑やかに飾りが施された1階ホールに皆様お集まりいただき、職員による開会の宣誓のあと、玉入れやパンくい競争、応援合戦など多種にわたる種目を開催。にぎやかな笑い声あふれる盛会のうちに幕を下ろしました。

 

 

 

今後も年末年始に向けて、クリスマス会・新年会と催しが目白押しです。皆様どうぞお体にお気をつけて、良いお年をお迎えくださいませ。

 

 




イリーゼ八千代村上通信をバージョンアップしました
@八千代村上 2017年11月17日


 

 

皆様こんにちは、イリーゼ八千代村上です。今月は運動会レクの模様をご報告させていただく予定でしたが、諸般の都合により運動会レクが11月に順延となりました為、予定を変更いたしまして、毎月ご家族様へ郵送させて頂いております「イリーゼ八千代村上通信」についてご紹介させて頂きたいと思います。

 

「イリーゼ八千代村上通信」とは?

 

ご入居者様のご家族はご存じのことかと思いますが、当ブログとはまた別に毎月の予定・お知らせや、レクリエーションなど、イリーゼ八千代村上の近況をご報告などをお知らせしているペーパーであり、早いもので12月号で通算50号を迎えます。今までも事あるごとに、その時々の担当職員がマイナーチェンジを繰り返しておりましたが、この度、会社名もHITOWAと改まった事もあり、思い切って更なるバージョンアップを行う事に致しました。

 

なんと、横書きだった紙面が縦書きに…!

 

…いえ、どうかブラウザを閉めないでください、それだけではないんです。今まで以上にレクリエーションや催しの様子を分かりやすくお伝えできるようレイアウトを変更し、写真を多用した新聞の体裁で再校正をいたしました。11月20日発送の版より、新装版にてお届けさせて頂きます。それでは最後に歴代の八千代村上通信を画像でご紹介させていただき、今月の八千代村上からのご報告と締めくくらせていただきます。

 

 




外食レクを開催いたしました
@八千代村上 2017年10月24日


 

イリーゼ八千代村上では、過日外食レクを開催いたしました。

和食のお店や、寿司店、甘味処など、多くの皆様にご参加頂けるよう数回に分け、

また都度行き先も替えての開催を行いご好評をいただきました。

以前にも外食レクは度々開催しておりましたが、今回は少し間を置いての開催の為

はじめて参加される方も多く、お喜びいただけると共に「また、行こうね」など次の開催

を心待ちにされる声も聞かれました。

 




敬老会を開催いたしました
@八千代村上 2017年10月3日


 

皆様こんにちは、イリーゼ八千代村上です。10月に入り、肌寒さを感じる日も目立つようになって参りました。風邪や感染症の流行る季節でもありますので皆様どうぞ、手洗い・うがいなど身体をご自愛され、毎日を元気にお過ごし下さい。さて、今月のブログは9月に開催いたしました敬老会の模様をお届けしたいと思います。今回の敬老会は、ご入居の皆様・スタッフによるカラオケ大会、そしてボランティア様による舞踊・太鼓をご披露いただきました。普段はカラオケに参加されない男性のご入居者様達も楽しんでご参加いただけたようです。

 




納涼祭を開催いたしました
@八千代村上 2017年10月2日


 

皆様こんにちは、イリーゼ八千代村上です。今月は、さる8月に開催いたしました、納涼祭の模様をご紹介いたします。例年皆様も楽しみにして下さっている屋台メニューは今年も健在。その他にも、ボランティアさんによる吹奏楽演奏会、フラダンスに御神輿と盛りだくさんの催しでした。09月01日で、開設5周年を迎えましたイリーゼ八千代村上。これからも皆様と元気に頑張ります!

 




七夕レクを開催いたしました
@八千代村上 2017年8月9日


 

 

皆様こんにちは、イリーゼ八千代村上です。連日暑い日が続いておりますが、どうぞ皆さま水分補給を細目に行い、熱中症にお気を付けて元気にお過ごしくださいませ。

 

さて、今回は過日行われました七夕レクの模様をご紹介したいと思います。今回はご入居の皆様おひとりお一人に、短冊に願い事をお書き或いはお聞きしまして、その短冊と共にお写真を撮影する撮影会形式で開催いたしました。

 

色々なお願いごとございましたが、元気な皆様と共にこの願い事の数々が叶いますようお祈り申し上げます。

 




母の日・父の日レクを開催いたしました
@八千代村上 2017年7月5日


 

 

皆様こんにちは、イリーゼ八千代村上です。季節の寒暖激しい時期から一転して、湿気多く蒸し暑い季節となりました。体調を崩しやすい時期ですのでどうぞ皆様ご自愛くださいませ。

 

さて、今月は、5月・6月とそれぞれ母の日・父の日レクとして開催されました京成バラ園外出レクの模様をご報告いたします。イリーゼ八千代村上からほど近い京成バラ園ではバラの最盛期。皆様色とりどりの鮮やかなバラの鑑賞を楽しみつつ、さわやかな初夏の空気の中散策を楽しまれました。また園内の売店ではバラを使用したバラアイスが有名で、こちらも併せてお楽しみ頂く事ができました。

 

 

【 Photo_Gallery 】

 

 




イリーゼ八千代村上の周辺スポット2
@八千代村上 2017年6月8日


 

 

皆様こんにちは、イリーゼ八千代村上です。桜の季節も終わり、梅雨の気配も感じる昨今です。寒暖の差も大きいものとなりますので、どうぞ皆様もご自愛くださいませ。さて、今月は以前にも一度ご紹介させていただきましたイリーゼ八千代村上周辺スポットのご紹介、第2弾をお送りしたいと思います。

 

◆周辺スポット第1弾のバックナンバーはこちら◆
http://www.irs.jp/blog/?p=30268

 

 

前回は、イリーゼ八千代村上の坂上にあります「根上神社古墳」をご紹介させて頂きました。今回は根上神社古墳とは反対に坂を下ると見えてくる「新川」とその歴史についてご紹介をさせていただきたいと思います。

 

 

新川は近隣の方々の憩いの場として、公園や運動場、釣りのスポットとしても親しまれている川ですが、かつては今とは比べ物にならない細い川であったそうです。上流にある印旛沼が時折氾濫を起こすため、印旛沼放水路として開拓された経緯があり、この工事には大変な苦労があったといいます。最初は18世紀はじめ、八千代市平戸に住む染谷源右衛門(そめやげんえもん)という人が、水路開拓を当時の江戸幕府に申請し着工しますが、思うように工事は進まず途中で破産し失敗。2回目は1782年、老中・田沼意次が工事を再開するものの田沼の失脚により頓挫。3回目は1842年、やはり老中であった水野忠邦により工事が再開されました。この時には、計画にかの有名な二宮尊徳(金次郎)なども関わり、6万人の人員や庄内藩など他藩から集められた作業員の犠牲などを経つつも施工されたものの、水野の失脚により失敗。新川が現在の完成形になるには、戦後、昭和44年の竣工を待たねばなりませんでした。

 

しかし、最初に開拓に着手した染谷源右衛門の功績は平成となった今でも、地元の皆様に称えられ続けています。源右衛門や開拓に関わった方々の遺徳を偲び、新川に程近い八千代市運動公園広場では毎年「源右衛門祭」が開催されているとのこと。

 

さてイリーゼ八千代村上の周辺スポット…というよりは郷土史コーナーになってきて来ている感が否めませんが、ここまでやったのですからもう近隣だけでなく、イリーゼ八千代村上のある「まさにこの場所!」がどんな所だったのかも気になります。

 

早速調べてみますと、インターネット上のサイトで迅速測図という、明治初期~中期の全国921枚に渡る地図が公開されている事がわかりました。

 

 

八千代村上近辺の地図もありましたのでどんな所だったのか調べてみます。(右図参照)新川はすぐに見つけることができましたが、まだ開拓工事が完了していない時代ですので、まだ小川のような扱いです。新川に架かる村上橋もまだ存在せず、北へ向かって「至米本村」の表記が見えます。国道16号線に当たる大きな道もまだなく、右上には「畑」の文字が見えます。施設近辺に目を向けると現在同様に高低差が多く見られ、今でも坂が多い土地ですが、明治時代から大きく変化していない事が分かります。周辺に見える白い四角は民家を表しており、大きな施設などこそないものの、対岸の萱田地区も含めて人口の多い賑やかな地域であったようです。上記までの記事は、イリーゼ八千代村上館内に掲示されております「不定期刊・イリーゼ八千代村上新聞」でもご覧になれます。不定期刊のため、いつ刊行できるかのお約束はできないのですが、少しでも皆様に毎日の生活を楽しんで頂けるよう鋭意努力中です。

 

 




コーラスレクを開催いたしました
@八千代村上 2017年5月21日


 

さる04月23日(日)、ボランティア様によるコーラスレクを開催いたしました。今回は、ご入居者様のお知り合いの方々による男性コーラス。私も近くで拝聴させて頂きましたが、マイク無しでも良く通る素敵な歌声がホール中に響き渡り、ご入居者様からも拍手喝采が巻き起こりました。普段は物静かな方も「素晴らしいです」と拍手くださり、大盛況の会でした。ご協力下さいましたボランティアの方々、素晴らしい歌の数々、まことにありがとうございました。




気になる点のご相談などお気軽にお電話ください。

0120-12-2943

受付時間 平日9:00~18:00 土日祝日9:00~17:00

お悩みなど、介護のプロに
なんでもご相談ください

電話をかける
0120-12-2943

この一冊で施設のことが丸わかりかんたん資料請求フォーム無料