イリーゼ鎌倉へAEDを設置いたしました。

@鎌倉

6月23日、イリーゼ鎌倉へAEDを設置いたしました。

 

同日、鎌倉市消防本部大船消防署救急隊の方々がイリーゼ鎌倉へ来訪して下さり、施設職員へ「普通救命講習Ⅰ」を実施して下さいました。

心停止や窒息という生命の危機に陥った方を救命するためには、

(1)予防

(2)早い119番通報(早期認識と通報)

(3)早い心肺蘇生とAED(一次救命処置)

(4)救急隊や病院での処置(二次救命処置)

の4つが連続して行われることが必要です。

これを「救命の連鎖」と呼びます。

 

この4つのうち、どれか1つでも途切れてしまえば、救命効果は低下してしまいます。

私たち職員は、この救命の連鎖のうち最も重要な、「早期認識と通報」と「一次救命処置」の二つの鎖を担っていると、改めて強く認識する機会となりました。

 

これからも、大切な「命」をお預かりしているという事を常に忘れず、今日起こり得るかもしれない緊急の事態に対し、適切な応急手当を実施できるよう、知識と技術を高めていく取り組みを推進して参ります。

 

大船消防署救急隊の皆様、ありがとうございました。

笑顔の花が咲く!フラワーアレンジメント

@鎌倉

こんにちは!

 

イリーゼ鎌倉では、様々なレクリエーションを企画していますが、なかでもご入居者様に人気なのがフラワーアレンジメントです。

 

 

花を生けているとき、ご入居者様の明るい笑顔が行き交っています。

 

同じ花材を使っても、ご入居者様それぞれの個性が光る作品ができあがります。互いの作品を見比べながら、「きれいね」「いい香り」という声があちらこちらで聞こえ、会話が弾んでいます♪

 

ご家族様にも好評で、「自宅に持って帰りたい」「孫にプレゼントしたい」といった喜びの声を頂いています。

 

 

フラワーアレンジメントは、花材をどう飾り、どう表現するかといった想像力を掻き立てる作業です。指先も使うので、脳に良い刺激を与え、認知機能の維持・改善にもつながるといいます。

 

これからも、心豊かな生活をサポートしてまいります。