介護老人保健施設とは?サービス内容と特別養護老人ホームとの違い

 

高齢化社会のニーズに合わせて、高齢者向けの施設が多様化しています。しかし、入居対象者や目的、料金などが異なり、「どのように施設を選べば良いかわかりにくい」という声もあります。
そんな中、医療法人や社会福祉法人が運営する「介護老人保健施設」は、料金が比較的安く医療ケアも受けられる人気施設として知られています。
今回は、家族だけでなく、自分の入居先に迷っているという人に向けて、介護老人保健施設の目的やサービスなどを詳しくご紹介します。

 

 

【目的】

  • 1. 介護老人保健施設って、どんなところ?
  • 2. 介護老人保健施設で受けられるサービスは?
  • 3. 介護老人保健施設のメリット・デメリット
  • 4. 特別養護老人ホームとの違いは?
  • 5. 復帰を目指す高齢者には最適な施設

 
 

介護老人保健施設って、どんなところ?

介護老人保健施設という名前を聞いたことがない人もいるでしょう。まずは、介護老人保健施設の入居条件や費用などの基礎知識からご紹介します。

 
●介護老人保健施設とは
介護老人保健施設(老健)とは、主に医療ケアやリハビリを必要とする要介護者が入居できる施設です。病院と自宅の中間的な役割があるため、在宅復帰を前提としたリハビリが中心となります。入所可能な期間もそれほど長くなく、3カ月~1年程度です。

 
●入居条件・費用
介護老人保健施設に入居するための条件は、65歳以上で要介護1以上の認定を受けていることです。施設によっては、「病状が安定しており入院の必要がないこと」「感染症にかかっていないこと
などを入居条件に加えていることもあります。
介護老人保健施設は、公的な介護施設なので、入居金などの初期費用はかかりません。しかし、食費や居住費などの月額費用として、約9万~15万円かかります。

 
●部屋タイプ・設備
部屋のタイプは、「従来型個室」「多床室」「ユニット型個室」「ユニット型準個室」の4タイプが基本です。
基本的にキッチンやトイレ、浴室は共同で使用するため、各部屋には設置されていません。

 
・従来型個室
最も一般的なタイプの部屋です。1つの部屋にシングルベッドが1つ置かれていて、1名のみが生活します。

 
・多床室
1つの部屋に複数のベッドが配置されていて、数名が一緒に生活する大部屋タイプです。他の3つのタイプと比べて、部屋の賃貸料が安く設定されています。

 
・ユニット型個室
入居者を10
ほどのグループに分け、1つの生活単位としています。1部屋の定員は1名ですが、併設されているキッチンやトイレ、リビングなどはグループのメンバー全員で共有します。1ユニットごとに担当の職員がつき、少人数のアットホームな雰囲気で生活できるのが特徴です。

 
・ユニット型準個室
設備やサービスはユニット型個室と同じですが、完全な個室ではなく、大部屋を間仕切りで区切ったスペースで生活します。ユニット型個室と比べると、賃貸料は安く設定されています。

 
 

介護老人保健施設で受けられるサービスは?

介護老人保健施設で受けられるサービスの内容を詳しく見てみましょう。

 
●受けられるサービスの内容
介護老人保護施設が提供するサービスは、食事の補助、入浴や着替え、排泄などの生活・身体介護や、医師・看護師による医療ケアです。
大きな特徴は、理学療法士や作業療法士による充実した機能訓練(リハビリテーション)が受けられることです。在宅復帰を目的としているため、歩行器や車椅子を使った実用的なリハビリが行われます。
入所だけではなくショートステイや通所もできるので、介護者の負担軽減につながっています。

 
●医師の役割
介護老人保健施設には、医療従事者の配置に明確な基準が設けられていて、入居者100人当たり1人以上の医師の常駐が義務付けられています。医師は診断や診療を行うだけでなく、看護や介護・リハビリのアドバイザーとしての役割も担っています。3カ月に1度の入所判定も行います。

 
●ターミナルケア(終末期看護)について
在宅復帰を前提としているだけに、ターミナルケアには積極的ではありません。しかし、病院併設や医療体制が充実しているという理由から、実際には行っている施設もあります。ターミナルケアの需要は増える傾向にあるため、今後ターミナルケアを行う介護老人保健施設は増えることが予想されます。

 
 

介護老人保健施設のメリット・デメリット

介護老人保健施設への入居を決定する前に、メリットとデメリットをよく理解しておく必要があります。

 
●メリット
作業療法士や理学療法士が指導する本格的なリハビリによって日常生活への回復を目指すことができるだけでなく、医療体制が充実しているため、緊急時に専門家による迅速な対応を受けられます。
入所期間に、自宅で介護をしやすいように家族が家をリフォームすることもできますので、在宅介護の準備期間として活用するのも良いでしょう。
また、介護保険が利用できる点や民営の施設より料金が安めに設定されていることもメリットです。

 
●デメリット
3カ月ごとに行われる判定で「退所できる」と判断された場合、継続して住み続けることはできません。
また、入所期間中はリハビリが中心の生活となるため、個人の自由時間は少なく、イベントやレクリエーションなどもほとんどありません。
部屋タイプは多床室が多く、プライバシーの確保が十分でない点も、デメリットと感じる人はいるでしょう。
公的施設で利用料金が安く設定されていることから、入居待機者数が多く、入所までに時間がかかる場合もあります。

 
 

特別養護老人ホームとの違いは?

介護老人保健施設とよく比較されるのが特別養護老人ホームです。両者の違いについてご紹介します。

 
●特別養護老人ホーム
特別養護老人ホームは、地方自治体や社会福祉法人が運営する公的施設で、レベルに関係なく要介護認定を受けている65歳以上の人が入居対象です。常時介護を必要とする状態の人をはじめ、認知症や寝たきりの高齢者といった緊急性の高い人の入居が優先され、終身で利用できます。

 
●受けられるサービスの違い
特別養護老人ホームと介護老人保健施設では受けられるサービスに違いがあります。介護老人保健施設は在宅復帰を目的としているため、整った医療体制のもと、医療ケアや充実したリハビリを受けることができます。
一方、要介護度の高い人を優先的に受け入れる特別養護老人ホームは、日常生活の介護をサービスの基本としているため、食事や入浴、排泄などの介助、掃除や洗濯などの生活援助が主になります。

 
●職員の人数の違い
介護老人保健施設は、入居者100名に対して常勤医師1名、看護職員9名、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のいずれか1人、介護職員25人、ケアマネジャー(介護支援専門員)1人の配置が義務付けられています。
一方、特別養護老人ホームの場合、医師の常駐は義務ではありません。看護職員は3名以上の配置が基本です。介護職員の数が多く、入所者3人に対して1人以上の介護職員を配置することになっています。

 
●費用相場の比較
介護老人保健施設、特別養護老人ホームともに入居費用はかかりませんが、月額費用の相場は特別養護老人ホームが約8~14万円なのに対し、介護老人保健施設は約9万~15万円です。
要介護度によって費用が異なるため、正確な費用に関しては、希望の施設の公式サイトなどで確認しましょう。

 
 

復帰を目指す高齢者には最適な施設

在宅復帰が前提の介護老人保健施設は、入所するときに退所後の方向性や目標などを決めておかなければなりません。目標を持ってリハビリに専念できるため、要介護度が低く、自宅で生活したい人にとっては最適な施設ですが、病状が安定しない人には不向きといえるでしょう。
施設の方針や規定、料金などを把握した上で、入所を検討するようにしましょう。

(注)本記事の内容は、公的機関の掲出物ではありません。記事掲載日時点の情報に基づき作成しておりますが、最新の情報を保証するものではございません。

記事一覧へ

閉じる

イリーゼが低価格で安心のサービスを提供できる理由

理由① 自社開発費用を少なくすることで、お客様への初期費用のご負担を少なく

理由① 自社開発費用を少なくすることで、お客様への初期費用のご負担を少なく

「退院後、急ぎで入居できる施設を探したい」など、介護でお困りの方の初期負担をできるだけ抑えたい想いから入居金0円にしております。

イリーゼの想いと実績に賛同いただいたオーナー様に建物を建てていただくことで、自社開発費用を少なくし、お客様のご負担を少なくしました。 これらの結果、全国で100以上の施設を展開。その信頼とお客様のご支持により、イリーゼを運営しております。

理由② 高い入居率をキープすることで、安定した運営を実現

理由② 高い入居率をキープすることで、安定した運営を実現

ご利用しやすい月額利用料にすることで、空室をできるかぎり少なくし、約90%の入居率をキープしております。入居率の高い安定した運営を行うことにより、介護が必要な方でも安心できるホームを低価格でご利用できます。

よくあるご質問

Q料金が安い分、スタッフの数が少なかったり、医療連携や介護サービスの質が低かったりしないか心配です。
A

イリーゼでは、ご入居者さまと介護・看護職員の比率が3:1以上になるように配置(※)しており、ご入居者様に医療連携・介護ともに手厚いサポートを提供しております。

※ 介護付有料老人ホームの場合