「傾眠傾向」とは?高齢者に見られる意識障害の原因・症状・対処法


 
「傾眠傾向」とは、声掛けや、肩をポンと叩くといった弱い刺激で意識を取り戻す程度の、軽度の意識障害の一種です。
一見、睡眠不足の人が日中眠気に襲われ、うとうとしているのと同じようにも見えますが、ただの居眠りとは異なります。
傾眠傾向の症状は高齢者によく見られ、病気の兆候である場合もあります。そのため、昼間にうとうとする状態が度々見られるようであれば、傾眠傾向の可能性を疑ったほうがいいでしょう。
今回は、高齢者の介護を行っている人に向けて、傾眠傾向の原因や症状、対処法をご紹介します。
 
 
【目次】
1.意識障害の一種「傾眠傾向」とは
2.傾眠傾向の原因
3.傾眠傾向の対処法
4.傾眠傾向との正しい付き合い方
 
 

意識障害の一種「傾眠傾向」とは

傾眠傾向は意識障害の一種ですが、意識障害には意識清明(正常)・傾眠・混迷・昏睡の4段階があります。それぞれについて見ていきましょう。
 
●意識障害の段階
1.意識清明(正常)
意識がはっきりしていて、状況判断や意思疎通が問題なくできます。いわゆる「正常」の状態です。何らかの理由で意識清明でなくなったときに、意識障害が認められます。
 
2.傾眠
うとうとと浅く眠っている状態です。軽い刺激で意識を取り戻し、呼びかけにも反応しますが、そのまましばらく放置しているとまた眠ってしまいます。
 
3.昏迷
強い刺激(大きい声での呼びかけや強めの痛みなど)を与えないと意識を戻さない状態です。手で払ったり、叫んだりなど、物理的な刺激による不快感を嫌がる行動を見せることがあります。
 
4.昏睡
外部から強い刺激を与えても覚醒せず、刺激に対する反応や不快感を避けようとする素振りも現れない状態です。ただし脊髄反射と排泄行為はあるので、一切の反応が見られない「脳死」とは異なります。
 
上記の通り、傾眠傾向は2番目に位置付けられている意識障害です。傾眠傾向の症状が見られる人の中には、外部からの刺激で覚醒した後も「注意力が欠けている」「無気力である」などの状態が続く人もいます。また、自分が今いる場所や、当日の日付がわからないこともあります。認知症の人は特にこの傾向が強いので、日中ずっと居眠りをしている場合は、一度認知症を疑ってみたほうがいいかもしれません。
 
傾眠自体は単にうたた寝しているように見えることから、そのまま放置してしまいがちですが、食事をとらないで脱水症状や栄養不足に陥ったり、運動不足が筋力低下を引き起こしたりするおそれがあり、実際はとても危険です。「また居眠りしているな」と軽く流してしまわずに、普段から周囲が気にかけてあげることが大切です。
 
 

傾眠傾向の原因

 

 
深刻な病気の兆候として、傾眠傾向が見られることがあります。傾眠傾向の主な原因についてお伝えします。
 
●認知症
認知症の人に見られる症状の一つに、昼夜逆転による夜の睡眠量不足がありますが、それが日中の傾眠を引き起こす理由です。
また、認知症の初期症状である「無気力状態」から、傾眠状態に陥ることもあります。
 
●慢性硬膜下血腫
「慢性硬膜下血腫」とは脳疾患の一つで、頭を打ったときに脳と硬膜の間に血腫ができ、脳を圧迫する病気です。
血腫が大きくなると傾眠傾向が見られるようになり、頭を打ってから1~2カ月程度経過すると、頭痛や片麻痺による歩行障害といった症状などが現れます。
基本的に外科手術が必要になるため、早めに気付くことが重要です。
 
●過眠症
傾眠傾向の原因というよりは、傾眠傾向とよく似た症状が出る睡眠障害に、「過眠症」があります。
過眠症の人は、夜しっかりと睡眠をとっているにもかかわらず、日中に強烈な睡魔に襲われ、眠り込んでしまいます。
発作的に強い眠気におそわれ、前触れもなく突然入眠する「ナルコレプシー」と呼ばれる病気も、過眠症の一つです。
 
●内科的疾患
肝臓や腎臓などの代謝に関わる臓器に異常が出たり、病原菌が原因で高熱が出て、1日中ボーっとした状態になったりすることがあります。傾眠傾向だけでなく、今いる場所や時間がわからなくなる場合もありますが、内臓の活動が正常に戻ったり、熱が下がったりすることで症状は収まります。
 
●脱水
噛む力や飲み込む力が衰えて食事を満足にとれないと、脱水症状や栄養不足につながります。また、高齢者は体に必要な水分を確保しておく機能が低下しているため、意識的に水分をとらないと脱水症状に陥る可能性があります。
脱水状態は、意識レベルを低下させ傾眠の原因になるだけでなく、ひどいときは幻覚症状(幻視や幻聴)まで引き起こすことがあります。
 
●薬の副作用
脳の細胞の興奮を抑える働きを持つ「抗てんかん薬」には、副作用として傾眠傾向を引き起こしやすい性質があります。また、認知症の薬の中にも、副作用で軽い傾眠傾向が出るものもあります。このように、薬によっては傾眠傾向を引き起こしやすいものがあるため、使用時は医師や薬剤師に副作用について確認しておきましょう。
例えば、花粉症の薬にも傾眠傾向を引き起こしやすい「抗ヒスタミン薬」が含まれています。花粉症の薬は、医師に処方してもらわなくてもドラッグストアで手に入る身近な市販薬が多いので、薬剤師に相談して眠くなる成分がなるべく少ない物を選ぶようにしましょう。
 
 

傾眠傾向の対処法

日中眠っていて食事をとらずに栄養不足に陥ったり、深刻な病気が疑われたりなど、傾眠傾向は大きなリスクをはらんでいます。正しい対処法を知ることで、傾眠傾向が見られる人に適切に対応しましょう。
 
●話しかける・散歩などに連れ出す
まずは、すぐにできる対処法を試してみましょう。外部からの弱い刺激でも気が付くようであれば、積極的に話しかけ、会話の機会を増やして眠る隙を与えないようにすることが効果的です。
ただ話すだけにとどめず、外に連れ出して散歩をするのも良いでしょう。適度な運動で身体能力の向上を期待できるだけでなく、日中活発に動き回ることで、夜ぐっすり眠れるようになります。
 
●薬の量を調整する
認知症などの薬が原因の場合は、医師に相談して服薬量を調整してもらう必要があります。
介護している家族も、薬に含まれている成分や副作用について事前に把握しておき、日頃から注意して行動を観察しましょう。そうすることで、医師に話すときも具体的な相談をできるようになります。
 
●短時間の昼寝をさせる
眠気がひどい場合は、時間を決めて昼寝をさせるのも良いでしょう。30分ほどの昼寝が効果的で、日中の眠気を取り、夜の睡眠にもそれほど影響を与えないとされています。
 
●医師に相談する
傾眠傾向の原因として病気が考えられるようであれば、かかりつけの医師に相談することをおすすめします。中には手術が必要な病気もあるため、早めの対応が重要です。
また、たとえ病気が原因ではなかったとしても、傾眠によって陥る脱水症状や栄養不足が、別の病気を招く可能性もあります。少しでも気になったら、すぐに医師の判断を求めましょう。
 
 

傾眠傾向との正しい付き合い方

 

 
傾眠傾向は、比較的軽度の意識障害であるため、周囲のサポートで改善できることもたくさんあります。症状がひどい場合は医師に見てもらう必要がありますが、まず日中の過ごし方を見直してみることが大切です。
放っておくと重症化する可能性もあるため、「大したことはない」と考えるのではなく、医師と連携しながら適切に対応していきましょう。
傾眠傾向に陥っている本人には対応できないことも多いので、周囲の人や家族がいち早く気付き、患者にとってより良い生活環境を整えることが重要です。
 

(注)本記事の内容は、公的機関の掲出物ではありません。記事掲載日時点の情報に基づき作成しておりますが、最新の情報を保証するものではございません。

記事一覧へ

閉じる

イリーゼが低価格で安心のサービスを提供できる理由

理由① 自社開発費用を少なくすることで、お客様への初期費用のご負担を少なく

理由① 自社開発費用を少なくすることで、お客様への初期費用のご負担を少なく

「退院後、急ぎで入居できる施設を探したい」など、介護でお困りの方の初期負担をできるだけ抑えたい想いから入居金0円にしております。

イリーゼの想いと実績に賛同いただいたオーナー様に建物を建てていただくことで、自社開発費用を少なくし、お客様のご負担を少なくしました。 これらの結果として新規開設数は他社と比較しno.1です。

※シニアビジネスマーケット2017年12号より

理由② 高い入居率をキープすることで、安定した運営を実現

理由② 高い入居率をキープすることで、安定した運営を実現

ご利用しやすい月額利用料にすることで、空室をできるかぎり少なくし、約90%の入居率をキープしております。入居率の高い安定した運営を行うことにより、介護が必要な方でも安心できるホームを低価格でご利用できます。

よくあるご質問

Q入居金や月額利用料が安い分、古い施設が多いのではないでしょうか?
A

イリーゼの施設は56施設(約54%)が過去3年(※)でオープンした新しい施設で、新しく清潔感のあふれる施設ばかりです。

※ 2014年11月~2017年10月

Q料金が安い分、スタッフの数が少なかったり、医療や介護サービスの質が低かったりしないか心配です。
A

イリーゼでは、ご入居者さまと介護・看護職員の比率が3:1以上になるように配置(※)しており、ご入居者様に医療・介護ともに手厚いサポートを提供しております。

※ 介護付有料老人ホームの場合