ショートステイとは?介護サービスの内容と費用、選び方

「ショートステイ」という介護サービスをご存じでしょうか。

在宅介護をしていると、介護者が体調を崩してしまったり、急な用事で家を空けたりする事情から、一時的に介護をできなくなることがあります。そんなときに利用できるのがショートステイです。ショートステイでは、被介護者が一時的に施設に入所し、介護サービスを受けられます。

そんなショートステイは、どのようなサービス内容で、どんな利用条件を満たせば利用できるのでしょうか。今回は、ショートステイの基礎知識や、メリット・デメリット、基本料金や上手な選び方について詳しくご紹介します。

 
【目次】

1.ショートステイとは?
2.「短期入所生活介護」と「短期入所療養介護」の違い
3.ショートステイのメリットとデメリット
4.ショートステイの費用と選び方
5.ショートステイならイリーゼがおすすめ
6.ショートステイを一つの選択肢に
 

ショートステイとは?

「ショートステイ」とは、一体どのような目的で利用できる介護サービスなのでしょうか。まずは、ショートステイの種類や特徴、利用できる人の条件、注意点などの基礎知識をお伝えします。

●ショートステイとは

ショートステイとは、高齢の要介護者が数日~1週間程度の短期で施設に入所できるサービスのことです。「短期入所生活介護」ともいわれ、連続利用日数は最長30日までとなっています。そのため、31日目からの利用料金は介護保険適用外で、全額自己負担となります。

●ショートステイのタイプ

ショートステイの事業所は、「併設型」と「単独型」の2つのタイプに分けられます。

併設型のショートステイは、特別養護老人ホームや介護老人保健施設などに併設されています。これらの施設の部屋に宿泊するのが、併設型の特徴です。

一方で、単独型のショートステイは、高齢者向け施設に併設されていません。こちらはショートステイ専門の施設に宿泊します。

●ショートステイを利用できる人

ショートステイを利用できるのは、「要支援1~2」や「要介護1~5」の要介護認定を受けた65歳以上の高齢者と、40~64歳で特定疾病により要介護と判断された人です。ただし、これらの条件に当てはまらない人でも利用できる「有料ショートステイ」を提供する施設もあります。有料ショートステイは、介護保険の適用範囲外のため、費用は全額が自己負担となることに留意しましょう。

ショートステイでは、食事・入浴・洗濯・排泄の手伝いといった日常生活全般の介護をはじめ、リハビリテーションやレクリエーションなどのサービスも受けられます。

●ショートステイの利用期間に関する注意点

ショートステイは、介護認定期間(要介護認定の有効期間)の半数を超える利用ができません。たとえば、介護認定期間が180日の場合、ショートステイの利用は90日までです。

また、ショートステイは連続30日を超えて利用できない点にも注意しましょう。30日経過後、1日でも自宅に帰宅して過ごせば、また次の日から30日間利用できるようになります。このとき、介護者の病気やケガなどのやむを得ない理由があると、延長利用を認められる可能性があります。

介護保険給付内でのショートステイの利用可能日数は、要介護度により異なります。要介護度が高くなるほど、利用可能日数も長くなる仕組みです。

●ショートステイを利用するには

ショートステイは、在宅で介護をしている人が家を空けなければならないときや、体調不良や介護疲れで休みたいときなどに便利なサービスです。ご自宅で介護をしている方は、ぜひご活用ください。

4日以上連続してショートステイを利用するには、ケアマネジャーが作成した「ケアプラン」が必要となり、施設ではプランに基づいたサービスが提供されます。要介護の場合、ケアプランの作成は担当のケアマネジャーへ依頼しましょう。要支援の場合は、地域包括支援センターで作成してもらえます。

一方で、介護者に急用があるときや、4日未満の短期入所なら、ケアプランなしでもショートステイを利用可能です。たとえば、介護者が冠婚葬祭で家を留守にしなければならないケースや、体調を崩してしまったケースでは、ケアプランがなくてもショートステイを利用できます。

なお、介護保険適用外の有料ショートステイを希望するなら、施設へ直接にご相談ください。有料ショートステイでは、介護保険のショートステイと同等のサービスを、より柔軟に利用できます。要介護度や年齢による制限がないため、必要に応じて活用すると良いでしょう。
 

施設のご利用をご検討のあなたへ
無料で有料老人ホームイリーゼの資料をお送りしています

 

「短期入所生活介護」と「短期入所療養介護」の違い

ショートステイには、大きく分けて「短期入所生活介護」と「短期入所療養介護」の2つがあります。ここでは、それぞれのショートステイの特徴と違いについて解説いたします。

●短期入所生活介護

「短期入所生活介護」は、食事・入浴・排泄といった生活介護と、機能訓練を受けられる福祉サービスです。短期入所療養介護と区別するために「一般型ショートステイ」と呼ばれることもあります。サービス内容は“宿泊できるデイサービス”に近いといえます。施設には介護職員のほかにも、機能訓練指導員が配置されており、機能訓練に加えてレクリエーションに参加できるのが特徴です。

短期入所生活介護を受けられる主な施設は、「有料老人ホーム」や「特別養護老人ホーム」などの介護老人福祉施設が挙げられます。

●短期入所療養介護

「短期入所療養介護」は、医療サービスを受けられるショートステイです。リハビリテーションや医療的ケアなどを利用でき、「医療型ショートステイ」と呼ばれることもあります。

短期入所療養介護には、短期入所生活介護と同じように、食事・入浴・排泄など生活介護のサービスもあります。そのため、介護職員に加えて、看護師や医師、リハビリテーションを行う理学療法士や作業療法士などの医療従事者が配置されているのが特徴です。

短期入所療養介護を受けられる主な施設は、「介護老人保健施設」や「介護医療院」などが挙げられます。

ショートステイのメリットとデメリット

介護者のリフレッシュにつながるショートステイですが、一方で知っておきたいデメリットもあります。利用する前にチェックしておきましょう。ここでは、ショートステイのメリットとデメリットをご紹介します。

●ショートステイのメリット

ショートステイの一番のメリットは、介護者の負担が軽減されることです。昨今、介護を続けることで身体的にも精神的にも余裕を失ってしまう、介護疲れが問題となっています。そこで注目されているのが、介護者が休息を取る「レスパイト」によるケアです。ショートステイを活用して、日々の疲労やストレスを解消することは、在宅介護を続けていくためにも大切だといえます。

また、レスパイトのほかにも、一時的に介護ができなくなる際に、専門の施設へ依頼できるのもショートステイのメリットです。介護者の冠婚葬祭や急な体調不良のほかに、出張や旅行でショートステイを利用して、リフレッシュしても良いでしょう。働きながら介護をしている方は、平日にショートステイを利用して仕事へ出かけて、休日は自宅で介護をするといった選択が可能です。

さらに、ショートステイは将来的に在宅介護から切り替えて、施設への入居を検討している被介護者にもメリットがあります。ショートステイの利用によって、本人は専門の施設で介護を体験できる良い機会になるでしょう。施設見学も兼ねて、一度は気になる施設へ足を運んではいかがでしょうか。

●ショートステイのデメリット

ショートステイは利用を希望している介護者が多く、予約が取りづらいというデメリットがあります。まずは空き状況の確認が必須です。普段は自宅で介護をしている方も、急な用事でショートステイが必要になったときに備えて、あらかじめいくつかの施設に目星をつけておくようにしましょう。

また、ショートステイを利用すると、被介護者の生活環境が大きく変わることにご注意ください。同じ環境で暮らし続ける長期滞在とは異なり、施設では特定の友人を作りづらい傾向にあります。被介護者がストレスや不安を感じやすいのがデメリットです。特に認知症を発症している場合は、本人が環境の変化を苦手とする傾向にあるため、人によってはショートステイに抵抗を感じることもあります。
 

施設のご利用をご検討のあなたへ
無料で有料老人ホームイリーゼの資料をお送りしています

 

ショートステイの費用と選び方

ショートステイの施設は、どのようなポイントで選べば良いのでしょうか。ここでは、ショートステイにかかる費用や、上手な施設の選び方についてご紹介します。

●ショートステイにかかる費用

ショートステイの費用は、「要介護度」「施設の種類」「部屋のタイプ」「滞在日数」といった、主に4つの要素で決まります。

1日あたりの利用料金は、要介護度が高いほど高額になり、利用する施設の種類は「単独型」と「併設型」で金額が異なります。部屋のタイプは、「多床室」と「従来型個室」で金額が変わり、さらに送迎や療養食で料金が加算される可能性もあります。入所日や退所日も滞在日数に含まれるため、費用が発生します。予算を考えるときには注意しましょう。

ショートステイの食費や滞在費(居住費)には、介護保険は適用されず、全額自己負担となります。介護保険が適用されるのは、介護サービスにかかる利用料金のみです。

ショートステイにかかる費用は、条件を満たせば軽減制度を利用できます。たとえば、「特定入所者介護サービス費」や「高額介護サービス費」などが挙げられます。所得や利用料金などで条件が決まっているため、お住まいの自治体で確認してみましょう。

●ショートステイの上手な選び方

ショートステイの施設は、被介護者の状態に合わせて選ぶようにします。

本人の状態が安定していて、日常生活の介護のみで問題がなければ短期入所生活介護を、医療ケアやリハビリテーションが必要なら短期入所療養介護を選びましょう。また、利用施設の形態によって費用が異なるため、単独型と併設型のどちらを選ぶかというのもポイントになります。

ショートステイを利用する前に、あらかじめ施設を見学しておくのも良いでしょう。Webサイトやパンフレットを見ただけでは、実際の施設での様子はわかりません。施設見学に行くことで、建物や介護スタッフの雰囲気、ほかの入所者の様子などを知ることができます。

見学時は、介護スタッフがどのように被介護者とコミュニケーションをとっているかをチェックしましょう。また、食事やおやつの献立、レクリエーションやイベントの様子、居室や共同スペースの清潔感、お酒やたばこなどの嗜好品は受け入れ可能かも確認が必要です。

施設見学では、昼食の時間帯を選ぶと、食事介助の様子を見られます。このとき、食事介助はきちんと被介護者のペースに合わせて行われているか、ほかの入所者の様子をよく見ておきましょう。

そのほかにも、施設を案内するスタッフの対応や言葉遣いは適切か、施設の清掃は細かい所まで行き届いているか、スタッフ同士の連携が取れているかといった点も確認しておくと安心です。

ショートステイならイリーゼがおすすめ

ショートステイをお探しの方は、お気軽にイリーゼへ見学にお越しください。施設では利用者様のご希望に合わせて、日常生活のお手伝いをいたします。ここでは、イリーゼの介護サービスの魅力をご紹介します。

●ショートステイに対応するイリーゼの特徴

イリーゼの介護サービスはショートステイにも対応し、利用者様のご希望に合わせてサービスを提供いたします。入浴やマッサージといった日常生活のお手伝いから機能訓練まで、幅広いご要望にお応えできますので、安心してショートステイをご利用ください。

施設には介護スタッフが24時間365日常駐し、常に安心できる体制が整えられています。また、看護スタッフは、日中365日常勤。ショートステイ中の利用者様の健康管理は、どうぞ安心してお任せください。
※職員体制は施設によって異なります。詳しくは各施設のページをご覧ください。
https://www.irs.jp/facility/

ショートステイ中のお食事は、栄養士が献立を考えたおいしくて健康にいいメニューをお召し上がりいただけます。施設内で調理を行い、できたてのあたたかい状態で提供いたします。お体の状況に合わせて、食べやすい形態への変更や、塩分調整などの対応も可能です。

さらに、イリーゼの施設内では楽しいレクリエーションが開催されています。介護スタッフやプロのスタッフによる指導のもとで、体を動かしたり頭を使ったり、幅広い取り組みをお楽しみいただけます。折り紙や体操のほか、クイズや脳トレなども実施。日中は活動的にお過ごしいただけるのが魅力です。
※イベントやレクリエーションは施設によって実施状況が異なります。詳しくはお問い合わせください。

イリーゼはショートステイ以外にも、長期入居できる老人ホームを運営しております。同じ系列の施設のため、ご移動もスムーズです。全国各地に100以上の施設を運営し、全施設入居金0円のプランをご用意しております。まずはお気軽にお問い合わせください。

●イリーゼの主なショートステイ

イリーゼ市原ショートステイ
https://www.irs.jp/facility/shimizu_s/
 

施設のご利用をご検討のあなたへ
無料で有料老人ホームイリーゼの資料をお送りしています

 

ショートステイを一つの選択肢に

ショートステイの基礎知識や、メリット・デメリット、基本料金や上手な選び方についてご紹介しました。

在宅介護をしている方や、仕事と介護の両立を考えている方におすすめのショートステイ。普段から自宅で介護をしていると、たとえ短期間でも施設に預けることに罪悪感を覚えてしまうかもしれません。しかし、ショートステイのようなレスパイトは、介護者やその家族が体力と気力を回復させるためのサービスでもあります。介護を続けていくうえで、時にプロの力を借りることも大切でしょう。

ショートステイは利用者が多く、場合によっては予約を取るのが難しいこともあります。しかし、いざというときに困らないためにも、選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。
 

(注)本記事の内容は、公的機関の掲出物ではありません。記事掲載日時点の情報に基づき作成しておりますが、最新の情報を保証するものではございません。

記事一覧へ

閉じる

イリーゼが低価格で安心のサービスを提供できる理由

理由① 自社開発費用を少なくすることで、お客様への初期費用のご負担を少なく

理由① 自社開発費用を少なくすることで、お客様への初期費用のご負担を少なく

「退院後、急ぎで入居できる施設を探したい」など、介護でお困りの方の初期負担をできるだけ抑えたい想いから入居金0円にしております。

イリーゼの想いと実績に賛同いただいたオーナー様に建物を建てていただくことで、自社開発費用を少なくし、お客様のご負担を少なくしました。 これらの結果、全国で100以上の施設を展開。その信頼とお客様のご支持により、イリーゼを運営しております。

理由② 高い入居率をキープすることで、安定した運営を実現

理由② 高い入居率をキープすることで、安定した運営を実現

ご利用しやすい月額利用料にすることで、空室をできるかぎり少なくし、約90%の入居率をキープしております。入居率の高い安定した運営を行うことにより、介護が必要な方でも安心できるホームを低価格でご利用できます。

よくあるご質問

Q料金が安い分、スタッフの数が少なかったり、医療連携や介護サービスの質が低かったりしないか心配です。
A

イリーゼでは、ご入居者さまと介護・看護職員の比率が3:1以上になるように配置(※)しており、ご入居者様に医療連携・介護ともに手厚いサポートを提供しております。

※ 介護付有料老人ホームの場合