電動車椅子のことが丸わかり!種類・特徴・選び方のポイント


 
加齢や事故などで歩行が難しいとき、移動手段として活躍するのが車椅子です。介護の現場でも車椅子は数多く使用されていますが、その中でも電動車椅子は、体が不自由な高齢者にとって便利なツールです。では、電動車椅子はどのような特徴を備えているのでしょうか?
今回は、新しい車椅子の購入やレンタルを考えている人、電動車椅子の導入を検討している人のために、電動車椅子の種類と選び方のポイントについてご紹介します。
 

【目次】
1.電動車椅子とは?
2.電動車椅子の種類
3.電動車椅子を選ぶときのチェックポイント
4.電動車椅子のバッテリー
5.介護者にも被介護者にもメリットがある電動車椅子
 
 

電動車椅子とは?

 

 
まず、電動車椅子の基礎知識とメリット・デメリットについてお伝えします。
 
●電動車椅子とは
電動車椅子とは、電動モーターを原動力とする、大小4個の車輪がついた車椅子のことです。モーターで動くため、従来の車椅子の操作を自力ですることが難しい人に適しています。手元にあるレバーで前後左右に方向転換させ、電動車椅子を動かします。
道路交通法では歩行者扱いになるので、運転免許がなくても操作できます。従来の車椅子に比べて価格は高くなりますが、要介護認定を受けている人には介護保険が適用されるため、安い自己負担額でレンタルすることも可能です。
 
●電動車椅子のメリット
電動車椅子は手でこぐ必要がないため、握力や腕力が弱い人でも使用できる上、介助をしてもらいながら歩くよりもスピーディーに移動できます。替えのバッテリーを持ち歩くことで、ある程度距離のある場所にも出向けます。
また、被介護者が自分の意思に従って1人で移動できるので、介護者に対する負い目や精神的なストレスの軽減につながります。
さらに介助者にとっても、常に付き添う必要がなくなり、介護の負担が小さくなるというメリットがあります。
 
●電動車椅子のデメリット
車椅子自体に重量があるため、車椅子を介護者1人で持ち運ぶのが難しい点や、バッテリーに寿命があり、定期的に新しいものに交換する必要がある点などが、デメリットとして挙げられます。
また、電動車椅子の速度に慣れるまでは利用者が上手に操作できず、転倒などの事故につながる可能性があるため、注意が必要です。
自力で歩く機会が少なくなることから、意図的に運動するようにしないと、筋力や体力の低下を招くおそれもあります。
 
 

電動車椅子の種類

 
電動車椅子は、被介護者が自分で操作できる「自操用」と、介護者の手助けが必要な「介助用」に分かれます。それぞれの特徴を比較してみましょう。
 
●自操用
自操用の電動車椅子には、標準型・簡易型・ハンドル型などの種類があります。
 
・標準型
標準型は「ジョイスティック型」とも呼ばれ、上下左右に動くジョイスティックレバーを自ら操作するタイプです。バッテリー内蔵でモーターが駆動しているため、ジョイスティックレバーを倒している間だけ、倒している方向に進むという仕組みです。レバーを倒す角度によって速度が変わり、中には最大で時速6キロメートルまでのスピードが出るものもあります。
 
・簡易型
簡易型は、一般的に使用されている普通の車椅子にバッテリーとモーターを取り付けたものです。折りたたむことができる設計になっているものが多く、バッテリーがなくなっても手動で自走できるのが特徴です。
 
・ハンドル型(シニアカー)
「シニアカー」や「電動カート」とも呼ばれるハンドル型は、操作部がハンドルになっていて、アクセルレバーを使って加速や減速をします。前進と後進はスイッチで切り替え、左右への方向転換はハンドルを使用します。ブレーキレバーが付いている場合もありますが、基本的には、アクセルレバーを離すと停止します。坂道でもタイヤにロックがかかるため、勝手に走り出す心配はありません。
 
●介助用
介助用の電動車椅子は、介助者の補助が必要な車椅子です。
上り坂ではモーター駆動でパワーアシストされたり、下り坂では反対にブレーキが働いたりと、介助者が車椅子を操作する際の負担を軽減させる工夫が施されています。
 
 

電動車椅子を選ぶときのチェックポイント

 

 
利用者にぴったりの電動車椅子を選ぶには、どのような点に気をつければいいのでしょうか。そのポイントを見てみましょう。
 
●使用者の状態
使用者の体の状態に合わせた電動車椅子を選ぶことが大切です。その際、被介護者の座位保持能力や要介護度のほかに、介助者側の体の大きさ、車椅子の操作能力などによって、電動車椅子のタイプやサイズ、搭載されている機能を選択しましょう。
 
●主な使用場所
室内と屋外どちらで使用するかにより、適した電動車椅子の種類は異なります。室内の移動で使うのであれば、狭い場所でも細かくハンドル操作ができるタイプが適しています。それほど長時間乗るわけではないので、費用の安さから選ぶのも一つの方法です。
屋外で使用する場合は、一定時間乗る可能性が高いため、座り心地がよく、安全性に優れているものを選びましょう。
 
●電動車椅子のパーツのサイズ
電動車椅子の仕様は、被介護者の体の大きさに合わせ、座面や背もたれのサイズを決めます。座面の横幅は、お尻の幅よりも約2~3センチメートル余裕があるサイズが適していて、奥行きは、車椅子に深く腰掛けたときに、膝の裏から座面のエッジまで指3本分ほどの余裕があるサイズが安定するとされています。
座面は、車椅子に座り足台に足を置いたときに、膝が90度に曲がる高さ、背もたれは、脇の下の高さに合わせると楽に座れるといわれます。座面のクッション性や背もたれの柔軟性は、被介護者の背骨や骨盤の曲がり方から選択しましょう。
ただし、数値はあくまでも目安でしかないため、被介護者本人が実際に乗ってみて、乗り心地や利便性を判断したほうが良いでしょう。
 
 

電動車椅子のバッテリー

 
電動車椅子を導入する上で気になるのが、バッテリー。最後に、バッテリーの寿命や長持ちさせる方法をご紹介します。
 
●バッテリーの寿命
電動車椅子に使用されているバッテリーは、ウエットタイプが一般的なので、定期的に蒸留水を補給する必要があります。バッテリーの寿命は、使用状況にもよりますが大体約2年程度で、平均400回ほど充電したら交換するのが望ましいとされています。「最近1回の充電で走れる距離が短くなったな」と感じたら、交換のタイミングと思って良いでしょう。
バッテリーの寿命を超えて使用したり、反対に1年以上使用しなかったりすると、バッテリーが破裂するおそれもあるので、定期的にメンテナンスしましょう。
 
扱いが簡単なドライタイプのバッテリーも、機種によっては少しずつ利用されるケースが出てきました。ただ、フル充電で連続使用できる時間がウエットタイプよりも短いというデメリットがあります。電動車椅子を選ぶ際は、それぞれの特徴を把握した上で、用途に適したバッテリーを選びましょう。
 
●バッテリーを長持ちさせる方法
電動車椅子のバッテリーを長持ちさせるためには、急な傾斜や段差のある場所の走行はなるべく避けるなど、安全運転を心掛けましょう。そうすることで、バッテリーにかかる負担が最小限に抑えられるからです。
また、バッテリーは暑さや寒さに弱いため、気温を確認し、冬は10度以上、夏は25度以下の場所で保管することも重要です。
 
バッテリーは、使い切ってから充電するのではなく、少しでも乗ったら小まめに充電することで、消耗を減らすことができます。フル充電し、終了の表示が出たら充電器から抜きましょう。
 
●バッテリーの交換方法
バッテリーの交換は、自分の判断で行うよりも専門家に任せたほうが安全です。「そろそろ交換時期かもしれない」と思ったら、電動車椅子を購入した場所やレンタルしている機関に相談することをおすすめします。
 
 

介護者にも被介護者にもメリットがある電動車椅子

 
電動車椅子は、自力で歩行することが困難な方にとっての行動範囲を広げ、生活を豊かにするものであると同時に、介護者の負担も軽減させる優れものです。価格は決して安いとはいえませんが、長期的に見れば初期費用以上のメリットを得られるでしょう。最初はレンタルしてみて、これからも使いたいと思ったタイミングで購入するという方法もあります。被介護者や介護者の環境に合った電動車椅子を選ぶと、介護の負担軽減に役立つでしょう。

(注)本記事の内容は、公的機関の掲出物ではありません。記事掲載日時点の情報に基づき作成しておりますが、最新の情報を保証するものではございません。

記事一覧へ

閉じる

イリーゼが低価格で安心のサービスを提供できる理由

理由① 自社開発費用を少なくすることで、お客様への初期費用のご負担を少なく

理由① 自社開発費用を少なくすることで、お客様への初期費用のご負担を少なく

「退院後、急ぎで入居できる施設を探したい」など、介護でお困りの方の初期負担をできるだけ抑えたい想いから入居金0円にしております。

イリーゼの想いと実績に賛同いただいたオーナー様に建物を建てていただくことで、自社開発費用を少なくし、お客様のご負担を少なくしました。 これらの結果として新規開設数は他社と比較しno.1です。

※シニアビジネスマーケット2018年11月号より

理由② 高い入居率をキープすることで、安定した運営を実現

理由② 高い入居率をキープすることで、安定した運営を実現

ご利用しやすい月額利用料にすることで、空室をできるかぎり少なくし、約90%の入居率をキープしております。入居率の高い安定した運営を行うことにより、介護が必要な方でも安心できるホームを低価格でご利用できます。

よくあるご質問

Q料金が安い分、スタッフの数が少なかったり、医療連携や介護サービスの質が低かったりしないか心配です。
A

イリーゼでは、ご入居者さまと介護・看護職員の比率が3:1以上になるように配置(※)しており、ご入居者様に医療連携・介護ともに手厚いサポートを提供しております。

※ 介護付有料老人ホームの場合