介護リフォーム成功のコツ!改修ポイントから費用、補助金の条件まで


 
「両親が住み慣れた自宅で介護してあげたい」「施設に入れるのは申し訳ない」などの理由で自宅介護を検討しているなら、「介護リフォーム」についても考えておく必要があるでしょう。介護リフォームとは、高齢者や被介護者にとって暮らしやすい家、介護者にとって介護しやすい家にするために行うリフォームです。条件を満たせば、介護保険制度の補助金や市区町村による助成金を受けることもできます。
今回は、自宅介護を考えている人のために、介護リフォームの基礎知識や成功のポイント、工事の事例などをご承認します。

【目次】
1.介護リフォームとは
2.介護リフォームの補助金
3.介護リフォームでできること1:玄関のバリアフリー化
4.介護リフォームでできること2:トイレのバリアフリー化
5.介護リフォームでできること3:階段のバリアフリー化
6.介護リフォームでできること4:浴室のバリアフリー化
7.介護リフォームで自立した生活をサポート


 

介護リフォームとは

介護リフォームの目的は、大きく3つに分けることができます。

●被介護者が暮らしやすい家にする
介護リフォームの目的の一つは、高齢者や被介護者が、できるだけ自分の力で行動できるように、現在住んでいる家を改修することです。
改修ポイントは、例えば外出・入浴・排泄といった日常生活に必要な行為をスムーズに行えるように、「段差をなくす」「滑りにくい床にする」「使いやすいトイレにする」などが挙げられます。
ある程度の自立した生活は、被介護者の活力を生み出すことにもつながります。

●介護者の負担が軽くなる家にする
介護リフォームには、介護者の負担を軽くするという目的もあります。
要介護認定の区分が上がれば上がるほど、介護者には負担がかかるもの。体だけでなく、精神的な負荷もかかります。そういった負担を軽減するのが、介護リフォームです。

●将来を見据えて住みやすい家にする
「将来に備えるため」というのも、介護リフォームの目的です。
今は不便を感じることなく過ごしている家ですが、やがて自分も高齢者になるときがやってきます。同居している家族の要介護度が上がる可能性もあるでしょう。
高齢になってから、あるいは被介護者になってからのリフォームは何かと大変で面倒なので、そうなる前にリフォームをしておくという考え方です。
ただし、「とりあえず手すりでも付けておくか」など、計画性のない施工は失敗のもと。せっかくお金をかけたリフォームが何の役にも立たないどころか邪魔になってしまうおそれもあります。リフォーム会社や介護の専門家に相談しながら、計画的に進めましょう。

 

 

介護リフォームの補助金

介護保険制度を活用すると、ある一定の条件を満たした介護リフォームに補助金が支給されます。その条件とは何でしょうか?補助金の概要を含めてご紹介します。

●介護保険制度で受けられる「補助金」の概要
介護保険制度には「居宅介護(介護予防)住宅改修費」という項目があります。被保険者が必要とするリフォームについて、決められた条件を満たした上で申請すれば、補助金が支給されるというものです。

・補助金受給の対象
補助金の受給ができるのは、要支援1~2、要介護1~5のいずれかに認定されている介護保険の被保険者です。補助金の対象となる住宅は「介護保険被保険者証」に記載されている住所の住宅です。

・補助金の上限
補助金の支給は、被保険者1人につき改修費用20万円までと決められています。そのうち1割は自己負担です。つまり、20万円のリフォーム工事の場合、2万円を自己負担し、18万円が支給されるということです。工事費用が20万円を超えた場合は、1割の2万円+超えた金額を負担することになります。

・補助金の利用
原則として補助金の給付は被保険者一人につき1回ですが、20万円を数回に分けて利用することができます。例えば、1回のリフォームで10万円しか使わなかった場合、次にまた10万円で他の工事を行えるということです。

【分割利用の例】
1回目:トイレに手すりをつけて5万円
2回目:トイレのドアを引き戸にして15万円

また、被保険者が転居したり、要介護区分が3段階以上進んだりした場合は、再度20万円までの給付を受けることも可能です。

なお、補助金を支給してもらうためには、工事の承認申請をしなければなりません。おおまかな流れは次の通りですが、申請をしない、あるいは承認される前に工事を始めてしまうと補助金が支給されなくなってしまうため注意が必要です。

【補助金支給までの流れ】
工事前の承認申請→承認→施工→工事終了→補助金の支給申請→補助金支給

該当住所に複数の被保険者がいる場合は、それぞれ申請することができますが、1カ所につき100万円かかる工事を20万円ずつに分けて申請するというようなことはできません。

●補助金が支給される工事内容
補助金が支給される工事の内容は、あらかじめ次の6項目に決められています。あくまでも、介護保険の被保険者が快適に暮らせることが目的なので、自分の部屋をリフォームするなどのケースは適用となりません。

【補助金支給の対象となる工事】
1.手すりの取り付け
廊下、階段、玄関、トイレなどに、手すりを取り付ける工事。門から玄関までアプローチを取り付けるなど、屋外工事も対象です。

2.床の段差の解消
リビング、トイレ、浴室、玄関、通路などの段差をなくしたり、スロープを設置したりする工事。敷居のわずかな段差にも適用されます。

3.滑り防止・スムーズな移動のための床材の取り替え
浴室、階段などに使われている滑る床材を滑りにくい床材に取り替える工事。車椅子が使いにくい畳の床をフローリングなどに変更することも可能です。

4.引き戸など使いやすい扉への取り替え
開き戸を引き戸やアコーディオンカーテンなどに変更する工事。握力が弱くなると開閉しにくいドアノブの取り替えや、扉を動かしやすくするための戸車の設置も対象です。

5.洋式便器などへの取り替え
和式トイレを洋式にするなど、立ち座りの負担を減らし、トイレを使いやすくするための工事。今ある洋式トイレを使いやすくすることもできます。

6.上記1~5の工事をする際に必要な付帯工事

 

介護リフォームでできること1:玄関のバリアフリー化

玄関のバリアフリー化は、高齢者や被介護者が気兼ねなく安全に外出するために欠かせません。門から玄関までのアプローチも見直してみましょう。

●高齢者や被介護者にとって使いやすい玄関
高齢者や被介護者にとっては、どのような玄関が使いやすいのでしょうか。外に出かけることが億劫にならない快適な玄関について考えてみましょう。

・楽に出入りができる
大きなポイントは、楽に出入りできる構造になっていることです。
多くの住宅の玄関には三和土(たたき)と上がり框(かまち)の段差がありますが、高齢者や被介護者にはこの段差がネックです。段差をなくしたり、上り下りを補助する台を設置したりすれば、出入りが容易になります。
玄関内部だけでなく、アプローチから玄関ドアまでの段差も同様です。段差をなくし、手すりや車椅子のためのスロープを設置すると、デイサービスなどの送迎もスムーズになるでしょう。
さらには、ドアが開けやすいことも大切です。自由にドアの開閉ができないと、外出しようという気持ちも失せてしまいます。

・靴を履く/脱ぐときに座る場所がある
足腰が弱ってくると、靴を履いたり脱いだりするために体のバランスを取るのが難しくなるので、座る場所があると安心です。上がり框に腰を下ろしてもよいのですが、位置が低すぎるとかえって危険なこともあります。自然に腰を下ろせる台や椅子があると、靴の着脱もスムーズです。

・移動するときにつかまれる場所がある
門から玄関までのアプローチ、玄関の中、上がり框の段差などの場所は、移動するときにつかまれる手すりがあると、歩行が安定し、転倒の心配がなくなります。精神的な不安も軽減されるので、気軽に外出しやすくなるでしょう。

・車椅子で入ることができる
玄関が車椅子に乗ったまま入ることのできる仕様になっていると、被介護者だけでなく、介護者の負担も大きく軽減します。
車椅子を利用している場合は、車椅子に合わせた玄関構造を検討することをおすすめします。

・雨の日でも滑らない
濡れても滑らない床になっていれば、雨の日でも心配無用。滑って転倒すると、大けがにつながるおそれがあるので、ぜひとも配慮したいところです。

●玄関のバリアフリー化でできること
被介護者が使いやすい玄関へのバリアフリー化のうち、補助金が使える事例についてご紹介します。アプローチも対象になるので、玄関のリフォームと併せて検討してみてください。

・手すりの取り付け
玄関の壁や上がり框に手すりを取り付け、移動や上り下り、立ったり座ったりという動作をサポートします。
手すりは、素材や形、色合い、太さなどバリエーションが豊富で、取り付け方もさまざま。玄関での動きをシミュレーションし、使う人の体格に合わせて、適切な位置に取り付けることが大切です。また、手すりを設置する場所によっては、壁を補強するなどの付帯工事が発生します。

・段差の解消
上がり框の理想的な段差は15センチメートル以内とされていますが、スロープ、あるいは踏み台や式台を設置することで解消できます。ただし、置くだけでは、補助金対象になりません。動かないようにしっかりと固定することが必要です。そのほうが、使う際の危険もありません。踏み台や式台は、杖をつけるだけの十分な広さのあるものを選ぶと安全に使えます。
また、門から玄関までのアプローチにある段差を解消するための工事も可能です。

・床材の取り替え
雨で濡れると滑りやすくなる床を滑りにくい素材のものに取り替えることができます。ざらざらした素材、滑りにくい加工を施した素材など、いくつかのタイプがあるので、家庭や家族の状況も考慮して選ぶと良いでしょう。

・引き戸など使いやすい扉への取り替え
押したり引いたりして開閉する開き戸をスライドして開閉できる引き戸に取り替える工事は、補助金給付の対象です。高齢者や被介護者だけでなく、車椅子の人、介護者にとっても使い勝手が良くなります。

●事例紹介
実際に玄関の介護リフォームをした事例と費用についてご紹介します。

【事例1:手すりと式台の取り付け】(費用5万円~8万円)
玄関の段差をなくすために式台を取り付け、式台から上がり框への移動をサポートする手すりを取り付けたリフォーム費用の目安です。手すりや勾配を取り付けると、多少勾配があっても問題なく移動ができて安心です。

【事例2:アプローチの段差解消と手すりの設置】(費用:25万円以上)
アプローチの階段の1段あたりの段差を低くすると同時に、転落防止とドアまでのサポートを兼ねた手すりを設置した場合の費用の目安です。

 

介護リフォームでできること2:トイレのバリアフリー化

 

排泄はプライベートな部分なので、できるだけ誰かの世話になりたくないものです。トイレのバリアフリー化でできることを見ていきましょう。

●高齢者や被介護者とって使いやすいトイレ
高齢者や被介護者にとって使いやすいトイレについて見ていきましょう。1人で利用することを前提にしつつ、介護者がサポートすることも想定して考えることを忘れずに。

・出入りがしやすい
排泄は生理現象なので、「待ったなし」の状況も予想されます。出入りしやすいことは大切な条件の一つです。具体的には、トイレのドアが開閉しやすく、廊下とトイレに段差がないことなどが挙げられます。車椅子での利用や、介助者が付き添うことも考えた場合は、出入り口を広くしましょう。

・トイレ内で動きやすい
トイレの中に入った後、便座に腰掛けるまでの動作がスムーズにできるように配慮されていると、使い勝手が良くなります。
例えば、「手すりにつかまり、体を安定させて移動ができる」「体の向きをあまり変えずに使える位置に便器が設置されている」などがポイントです。車椅子や介助者同行の場合は、お互いが無理なく動けるスペースを確保できると良いでしょう。

・用を足しやすい
便座が座りやすい高さになっていると、足腰に負担がかかりません。さらに、トイレットペーパーホルダーが使いやすい位置にあり、体の向きや体勢をそれほど変えることなく水洗操作や手洗いができるとベストです。被介護者本人だけでなく、同居している家族にとっても便利な構造です。

・スリッパを履かなくても良い
スリッパを履いたり脱いだりすることは、場合によっては手間取るもの。足を取られてバランスを崩すこともあります。素足で入っても冷たくなく、滑りにくい床材を選ぶと良いでしょう。
同時に、掃除のしやすさも考慮しておけば、いつでも気持ちよく使うことができ、介護者や他の家族にとっても助かります。

●トイレのバリアフリー化でできること
補助金が使える事例についてご紹介します。排泄は人間の尊厳に関わる部分なので、被介護者ができるだけ1人で使えるようにリフォームしたいものです。

・手すりの取り付け
トイレでは、立ったり座ったりという動作を安定させるための手すりや、ドアの開閉の際につかまる手すりを取り付けることができます。広いトイレなら、ドアから便器までの移動に必要な手すりの取り付けも可能。便座の横に取り付ける手すりには、椅子のひじかけのようなタイプもあります。

・床の段差の解消
トイレの出入りに段差がある場合は、工事によって段差をなくしたり、スロープを設置したりできます。

・床材の取り替え
今のトイレの床材が滑りやすい場合は、滑りにくいものに変えることができます。通常の状態では滑らないけれど濡れると滑るという場合も、高齢者や被介護者にとっては危険なので、取り替えが可能です。
トイレは水を使う場ですし、間に合わずに濡らしてしまうケースも考えられます。滑らない床で安全を確保しましょう。

・引き戸など使いやすい扉への取り替え
開き戸から引き戸への取り替えも、補助金の対象工事です。引き戸にすると開け閉めがスムーズになるだけでなく、介助者が同行する場合も、出入りがしやすくなるというメリットがあります。

・洋式トイレなどへの便器の取り替え
和式トイレを洋式に取り替えたり、座面を無理のない体勢で座れる高さにしたりすることが可能です。これだけでも足腰への負担は軽くなりますが、さらに温水洗浄便座を設置すれば、入浴ができない際も清潔さを保つことができて衛生的です。温水洗浄便座は、便器の取り替えと一緒に取り付ける場合のみ、補助金の対象内となります。個別でそれだけを設置する場合は含まれませんので、注意してください。

●事例紹介
トイレの介護リフォームの事例と費用についてご紹介します。

【事例1:和式トイレから洋式トイレへの変更】(費用:25万円~40万円)
和式トイレを洋式トイレに変更した場合の費用の目安です。ただし、費用を抑えるため、配管等で使える設備は既存のものを活用するという方針での施工です。

 

介護リフォームでできること3:階段のバリアフリー化

 

階段は、転落などの危険が伴う場所です。安全な上り下りを実現する階段のバリアフリー工事についてお伝えします。

●高齢者や被介護者にとって使いやすい階段
「被介護者が可能な限り自立した生活を送る」という視点から、使いやすい階段がどのようなものか考えてみましょう。

・つかまるところがある
手すりなど、上り下りの際につかまるところがあると、体を支えることができます。また、かける体重が腕にも分散されるため、足腰への負担を和らげることにもつながります。しっかりとつかめる太さ、形状の手すりがベストです。

・段差がゆるやかな設計になっている
できるだけ一段ごとの段差の少ないほうが、上るときも下りるときも足腰に負担がかかりません。どのようなケースでも施工できるというわけではありませんが、家の状況次第では、段差をゆるやかにする工事も可能です。

・階段昇降機が設置してある
足腰が弱った高齢者や車椅子を使用している人にとっては、階段昇降機があると、とても便利です。昇降機があれば、介護者の負担も大幅に軽減されます。
どのような家にも取り付けられるわけではなく、介護保険の補助金適用もされませんが、検討する価値はあるでしょう。

●階段のバリアフリー化でできること
階段のバリアフリー化のうち、補助金が支給される工事について見ていきましょう。

・手すりの取り付け
手すりの取り付けは、階段の介護リフォームの中でも多い施工です。必要に応じて、階段に差し掛かる前の廊下から取り付けると、使い勝手が良くなります。
気を付けたいのは、使う人の体型に合った位置に取り付けること。被介護者本人が使いづらいようでは、役に立ちません。また、階段の幅や長さを考慮しないと、使いにくくかえって邪魔になる場合もあります。信頼できるリフォーム会社によく相談して決めましょう。

・段差の解消
階段の段数を増やし、一段の段差をゆるやかにする工事は、補助金支給の対象内です。ただし、施工が可能かどうかは家の構造や階段の状況によって変わります。

・滑り防止や床材の取り替え
階段の滑り防止工事は、補助金支給に該当します。主な工事方法は、次のいずれかです。階段や階段を使う人の状況に応じて、どの方法が最適か選ぶと良いでしょう。

【階段の滑り止め工事の例】
1.階段の一段一段に滑り止めをつける
2.滑りにくくなるように階段の表面を加工する
3.滑りにくいカーペットなどを敷く

●事例紹介
階段の介護リフォームをした事例と費用についてご紹介します。

【事例1:部分的な手すりの取り付け】(費用:1万円~5万円)
階段の上り口と下り口のところに縦型の手すりを設置した場合の費用の目安です。こうしたちょっとした工事によって、上り始めや下り始めの体勢が安定します。

【事例2:全体的な手すりの取り付け】(費用:約10万円)
階段全体に上り下りをサポートする手すりを取り付けたリフォーム工事の費用の目安です。壁の耐久性を強化するために、補強板を追加して施工すると良いでしょう。

 

介護リフォームでできること4:浴室のバリアフリー化

 

滑りやすく、事故も起きやすい浴室は、介護リフォームで高齢者にとって使いやすいものにしておくと安心です。浴室のバリアフリー工事について見ていきましょう。

●高齢者や被介護者にとって使いやすい浴室
できるなら誰にも気がねせず、ゆっくり入浴したいですよね。安全に気持ち良く入れる浴室とは、どのようなものでしょうか。

・出入りに不自由がない
体が濡れた状態であったり、床が濡れていたりすると、わずかな段差でも転倒する危険性が高まります。浴室と脱衣所の間の段差はなくすに越したことはありません。車椅子を使用する場合や介護者が一緒に入る場合も、段差がないほうが無理なく移動できます。

・濡れても滑らない
滑って転倒すると、大けがにつながるおそれがあります。濡れても滑らない床であれば、被介護者だけでなく、他の家族が使う場合も安心です。
床だけでなく、浴槽の底に滑り止め加工も施すとなお良いでしょう。

・浴槽への出入りがしやすい
浴槽への出入りがしやすいことも大切なポイントです。
浴槽の中に入るには、浴槽の壁をまたぐ必要があります。浴槽自体が高いと、またぐときに脚を大きく上に上げなくてはならないため、体のバランスを崩しやすくなります。浴槽にはお湯が張ってありますから、水の中に倒れて大きな事故につながるおそれもあります。
また、低い浴槽のほうが、入浴を助ける介護者の負担も軽くなります。

●浴室のバリアフリー化でできること
浴室のバリアフリー工事のうち、補助金が使える事例についてご紹介します。リフォームで思わぬ事故を防ぎ、心地よい入浴タイムを提供しましょう。

・手すりの取り付け
扉の開け閉め、洗い場での移動、浴槽内への出入りなど、高齢者や被介護者が無理なく動くための手すりを取り付けることができます。特に、浴槽から立ち上がるときにつかめる手すりを付けておくと、高齢者にとって安心です。

・段差の解消
浴室の床をかさ上げするなどして、脱衣所からの段差をなくす工事をすることができます。また、高すぎてまたぎにくい浴槽の交換も、段差解消の一環として可能です。

・滑り防止、スムーズな移動のための床材の取り替え
浴室の床をすべりにくい素材のものに取り替えたり、滑り止めマットを取り付けたりすることができます。ただし、滑り止めマットの場合、置くだけでは補助金支給の適用外のため、しっかりと取り付ける必要があります。
床素材を変えるときには、足をついたときに冷たさを感じない機能を備えたタイプにすると、さらに使い勝手が良くなります。

・引き戸など使いやすい扉への取り替え
使いやすくするための扉の交換も、補助金支給の対象内です。
玄関やトイレなどは引き戸に変更することが多いのですが、浴室に向いているのは、3枚引き戸や折り戸。介護者にとっても便利です。内側に開く扉を外側に開くものに取り替えることもできます。

●事例紹介
浴室の介護リフォーム事例と費用についてご紹介します。

【事例1:入り口への手すりの取り付けとタイルの交換】(費用:10万円~20万円)
脱衣所から浴室へ移動する際にバランスを崩さないよう、浴室の入り口に縦型の手すりを設置し、転倒防止のため、床を滑りにくいタイルに交換した場合の費用の目安です。

【事例2:トータルの浴室リフォーム】(費用:20万円~60万円)
浴室全体をリフォームした場合の費用の目安です。具体的には、出入り口の段差解消、滑らない床材への張り替え、またぎやすく底が滑りにくい浴槽への取り替え、手すりの設置などです。

 

介護リフォームで自立した生活をサポート

 

事前に介護リフォームをしておけば、両親の介護が必要な場合だけでなく、自分が年をとったときも、自宅での生活を続けることができます。
すでに自宅介護が決まっているという人は、被介護者が外出や入浴、排泄を自力でできるよう、本人の意向も確認しながら、介護リフォームを検討してみてはいかがでしょうか。自分の老後について考える、良いきっかけにもなるでしょう。

※事例紹介で掲載した費用はあくまで目安です。実際はリフォーム前の住宅の状態、改修面積の広さなどさまざまな条件で費用は異なりますので、ご注意ください。

(注)本記事の内容は、公的機関の掲出物ではありません。記事掲載日時点の情報に基づき作成しておりますが、最新の情報を保証するものではございません。

記事一覧へ

閉じる

イリーゼが低価格で安心のサービスを提供できる理由

理由① 自社開発費用を少なくすることで、お客様への初期費用のご負担を少なく

理由① 自社開発費用を少なくすることで、お客様への初期費用のご負担を少なく

「退院後、急ぎで入居できる施設を探したい」など、介護でお困りの方の初期負担をできるだけ抑えたい想いから入居金0円にしております。

イリーゼの想いと実績に賛同いただいたオーナー様に建物を建てていただくことで、自社開発費用を少なくし、お客様のご負担を少なくしました。 これらの結果として新規開設数は他社と比較しno.1です。

※シニアビジネスマーケット2018年11月号より

理由② 高い入居率をキープすることで、安定した運営を実現

理由② 高い入居率をキープすることで、安定した運営を実現

ご利用しやすい月額利用料にすることで、空室をできるかぎり少なくし、約90%の入居率をキープしております。入居率の高い安定した運営を行うことにより、介護が必要な方でも安心できるホームを低価格でご利用できます。

よくあるご質問

Q料金が安い分、スタッフの数が少なかったり、医療連携や介護サービスの質が低かったりしないか心配です。
A

イリーゼでは、ご入居者さまと介護・看護職員の比率が3:1以上になるように配置(※)しており、ご入居者様に医療連携・介護ともに手厚いサポートを提供しております。

※ 介護付有料老人ホームの場合