サービス付き高齢者向け住宅とは?特徴と有料老人ホームとの違い

高齢者向けの施設には、「特別養護老人ホーム」「ケアハウス」「有料老人ホーム」など、さまざまな種類があります。なかでも注目を集めているのが、マンションのように独立した住居で暮らしながら、生活支援サービスを利用できる「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」です。高齢者住宅では、必要に応じて介護サービスや食事提供サービスも受けられます。個人のライフスタイルに合わせて、施設での暮らしをカスタマイズできるのが魅力です。

今回は、介護サービスを比較検討している方に向けて、サービス付き高齢者向け住宅の基礎知識や、メリット・デメリット、住宅型有料老人ホームとの違いについてご紹介します。

【目次】

1.高齢者向け介護施設の種類
2.サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の特徴
3.サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)のメリット・デメリット
4.サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)と住宅型有料老人ホームの違い
5.介護が必要になっても安心して生活するならイリーゼがおすすめ
6.サービス付き高齢者向け住宅で老後も自分らしい暮らしを

 

高齢者向け介護施設の種類

高齢者向けの介護施設は、主に民間運営の施設と、地方自治体などが運営する公的な施設とに分かれます。ここでは、施設の種類やそれぞれの特徴をご紹介します。

●民間運営

民間運営の介護施設には、「有料老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」「グループホーム」などの種類があります。

有料老人ホームは、24時間体制の介護サービスが受けられる「介護付き有料老人ホーム」、状況に応じて外部の介護サービスを受けられる「住宅型有料老人ホーム」、食事提供や生活サポートなどを受けられる「健康型有料老人ホーム」の3種類に分けられます。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、自由度が高く、外部サービスが受けられる住居型の介護施設です。「高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者住まい法)」の改正に伴い、2011年に創設されました。地域包括ケアシステムの一環であり、創設以降、登録戸数は年々増加する傾向にあります。地域包括ケアシステムの登録戸数の推移は、2012年の時点で70,999戸、2015年は185,512戸、2018年は234,971戸となっています。

グループホームでは、認知症の高齢者が介護ケアを受けながら共同生活を送ります。施設では、5~9人の利用者を1ユニットとし、原則として2ユニットまでの少人数で暮らせるのが特徴です。地域密着型のサービスであるため、施設と同じ市区町村に住居・住民票のある方が入居の対象となります。

●公的施設

地方自治体などが運営する公的施設には、「介護保険施設」と「福祉施設」があります。

自宅での介護が困難な要介護の度合いが高い高齢者向けの「特別養護老人ホーム」や、在宅復帰を目指して専門的なリハビリを行いながら生活する「介護老人保健施設」、容体に回復の見込みがある寝たきり患者に医療ケアを施す「介護療養型医療施設」は、介護保険施設に当たります。

一方、福祉施設には、低額で生活サポートや介護サービスを受けられる「ケアハウス」や、精神的・経済的理由により自宅での生活が難しい高齢者が生活する「養護老人ホーム」、バリアフリー設計の公営住宅で浴室に緊急通報装置が設置され、見守り機能が活用されている「シルバーハウジング」などがあります。
 

施設のご利用をご検討のあなたへ
無料で有料老人ホームイリーゼの資料をお送りしています

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の特徴

健康で自立した生活を送れる人だけでなく、ある程度の介護が必要な人でもサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)へ入居できることがあります。入居条件や費用、サービス内容などの基礎知識をご紹介します。

●入居条件

サービス付き高齢者向け住宅の入居条件は、60歳以上であること、または要介護者・要支援者であることです。入居が可能な介護レベルは、介護不要から軽度の介護が必要な高齢者までが対象となります。ただし、施設によっては「認知症を患っていない」「身の回りのことが自分でできる」などの基準を設けているところもあります。なかには生活保護受給者が利用できる高齢者向け住宅もありますが、受け入れ人数が制限されている可能性があるため注意が必要です。また、入居するには連帯保証人や身元引受人を立てるよう求められるケースが多いといえます。

●費用

サービス付き高齢者向け住宅の初期費用は、敷金・礼金のほか、万が一月額利用料が支払えなくなったときのための保証金、家賃の前払金などを含め、数十万~数百万円が必要になります。敷金はかからない場合もあるので、目星を付けている施設がある方は確認してみましょう。

サービス付き高齢者向け住宅への入居後は、家賃や光熱費、管理費などを含む月額利用料、介護サービスを受ける場合は介護保険料などを含め、月額約10万~30万円を支払います。なかには、一般利用者と生活保護受給者で料金体系が変わる施設もあります。生活保護を受けている方が施設を利用しやすいよう、料金が引き下げられているのが特徴です。

●受けられる主なサービス

サービス付き高齢者向け住宅で受けられる主なサービスは、専門家による安否確認と生活相談などの、生活支援サービスです。

安否確認サービスには、人的なものとシステムによるものの主に2種類があります。人的な安否確認では、職員が定期的に訪問したり、朝晩の食事を提供する際に安否を確認したりします。システムによる安否確認では、ビデオカメラや感知センサーを設置するのが特徴です。施設によっては、両方の方法を組み合わせて安否確認を行っていることもあります。

生活相談サービスでは、入居者の生活サポートを行います。ゴミ出しや買い物の代行、家族への連絡代行、病院への付き添い、緊急時の医療機関への連絡などが一例です。生活相談の中には介護サービスは含まれていません。介護が必要な入居者は、外部業者と別途契約をして、訪問介護やデイサービスなどを利用することになります。

●施設内の特徴・設備

サービス付き高齢者向け住宅の施設内は、「段差がない」「手すりが設置されている」といったバリアフリー設計になっています。部屋タイプは完全個室で、各居室には浴室・キッチン・トイレ・洗面設備などがあります。食堂やリビングなどの共有生活室が備わっている施設が多いですが、一方で機能訓練室や理美容室はありません。

●住所地特例の適用可否

一定の要件を満たすサービス付き高齢者向け住宅は住所地特例の適用を受けられます。

住所地特例とは、被保険者が介護施設に入居し住所が変わっても、元の居住地の自治体が保険者となる制度のことです。たとえば、転居先のほうが保険料の負担が大きい場合、住所地特例を利用すると保険者が元の自治体のままになり、同じ保険料を支払い続けられます。

住所地特例の適用となるサービス付き高齢者向け住宅の要件は、食事や介護、家事、健康管理などのサービスを提供していることです。また、入居定員が29戸以下の地域密着型特定施設に該当しないことも要件となっています。
 

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)のメリット・デメリット

安心のサービスと設備に加えて、共同生活の煩わしさを感じることなく、自由に暮らせるサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)。生活するうえでのメリットとデメリットをご紹介します。

●メリット

介護施設では、入居者の外出に許可や付き添いが必要になることがあります。

一方、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、日中の外出や外泊、来客などの制限がない施設が多く、他の介護施設と比べて自由度の高い生活を送れます。台所で自炊が可能なうえ、有料の食事提供サービスを受けられる施設が多いため、食事に困ることはないでしょう。自立している人のみが入居できる健康型有料老人ホームとは異なり、ある程度の介護や支援が必要な方が入居可能です。

また、サービス付き高齢者向け住宅はバリアフリー構造が義務付けられており、高齢者にとって住みやすい仕様になっています。一般的なマンションなどと同じ完全個室のため、入居者のプライバシーが守られます。

通常の賃貸住宅は高齢者の入居が難しいこともありますが、サービス付き高齢者向け住宅は入居条件がそれほど厳しくありません。高齢であるのを理由に入居を拒否されたり、強制退去をされたりしにくいといえます。そもそも、サービス付き高齢者向け住宅は高齢者の安定的な住まいの確保を目的に創建された施設であるためです。このような理由で、通常の住宅からの住み替えがしやすいというメリットもあります。

●デメリット

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、入居後に要介護度が高くなった場合は住み続けるのが難しく、退去を求められる可能性があります。介護・医療サービスを受けるには別途費用がかかるため、状況によっては支払う費用が高額になるおそれもあるでしょう。

また、運営事業者によって設備やサービス内容、サポート体制などが異なるため、どの施設を選べば良いか判断が難しいのもデメリットです。人によっては介護度に応じたサービスを十分に受けられず、入居後に不便さを感じることがあるかもしれません。
 

施設のご利用をご検討のあなたへ
無料で有料老人ホームイリーゼの資料をお送りしています

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)と住宅型有料老人ホームの違い

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)と似ている施設として、「住宅型有料老人ホーム」が挙げられます。ここでは、受けられるサービス・生活の自由度・契約方式の違いについてお伝えします。

●受けられるサービスの違い

サービス付き高齢者向け住宅では、基本的に安否確認と生活相談などの生活支援を利用でき、介護サービスは外部事業者と契約します。

一方で、住宅型有料老人ホームは、外部事業者による介護サービス、食事提供、健康管理などの中から、希望のサービスを選択できます。また、機能訓練室やトレーニングジムなどの設備や、レクリエーションやイベントが充実しているのも住宅型有料老人ホームの特徴です。

●生活の自由度の違い

サービス付き高齢者向け住宅は、外出や外泊に制限がなく、自由にできる施設がほとんどです。

一方、住宅型有料老人ホームの多くは、外出や外泊に一定の制限が定められています。より一般住宅と近い暮らしを望むのであれば、サービス付き高齢者向け住宅を選ぶほうが良いでしょう。

●契約方式の違い

サービス付き高齢者向け住宅は、一般的な物件の賃貸契約と同様に、入居時に敷金や礼金の支払いが必要な「賃貸借契約」を結びます。一方で、住宅型有料老人ホームの契約は利用権方式で、入居一時金を支払うことで部屋と介護サービスの使用を同時に契約する、「利用権契約」です。

このうちサービス付き高齢者向け住宅の賃貸借契約には、「建物賃貸借契約」と「終身建物賃貸借契約」の2種類があります。建物賃貸借契約は、契約期間の定めがある賃貸借契約です。賃借人が死亡した場合には、遺族が契約を引き継ぎます。終身建物賃貸借契約は、契約期間がなく、賃借人が死亡するまで住み続けられる賃貸借契約です。賃借人が死亡した時点で契約終了となるため、遺族が相続することができません。ただし、夫婦で入居していた場合は、配偶者が亡くなった後も住み続けられる場合があります。

●居室面積の定義の違い

サービス付き高齢者向け住宅は、原則として専用部分の床面積が25平方メートル以上、食堂やリビングなどの共有スペースが十分にある場合は18平方メートル以上の居室面積が義務付けられています。それに対して、住宅型有料老人ホームは施設によって居室面積が異なります。

 

介護が必要になっても安心して生活するならイリーゼがおすすめ

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)をお探しなら、イリーゼがおすすめです。月額費用の負担が少なく、介護スタッフによる日常生活のサポートを受けながら、安心して暮らしていただけます。

●イリーゼのサービス付き高齢者向け住宅の特徴

イリーゼのサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、安心して暮らせる体制が整えられているのが特徴です。サービス付き高齢者向け住宅をお探しの方は、ぜひ資料請求や見学へお申込みください。

全国100以上の施設を展開するイリーゼは、高い入居率をキープした安定運営によって、低価格でサービスを提供しています。全施設入居金0円プランをご用意しております。初期費用を抑えてサービス付き高齢者向け住宅をご利用いただけるのが魅力です。

施設には、介護スタッフが24時間365日常駐。また、看護スタッフは日中365日常勤です。日々の健康管理のほか、お薬の管理にも対応いたします。外部の医療機関と連携し、訪問診療やお薬の配達もご利用いただけるため安心です。
※職員体制は施設によって異なります。詳しくは各施設のページをご覧ください。

毎日のお食事は、健康に気を遣いながらも、おいしさにこだわったものを提供いたします。栄養士が献立を考えた献立は、施設内で調理するため、できたてをお召し上がりいただけます。お体の状況によっては、食べやすい形態に変更したり、塩分を調整したりといった対応も可能です。

さらに施設内では、体を動かしづらい方でもご参加いただける活動を実施しているところもございます。もちろん、ご家族の方にも一緒にご参加が可能です。自分らしい暮らしを楽しむために、ぜひイリーゼのサービス付き高齢者向け住宅をご利用ください。
※イベントやレクリエーションは施設によって実施状況が異なります。詳しくはお問い合わせください。

●入居の流れ

1.受付・見学
まずは、お電話またはホームページからお問い合わせください。資料請求や見学のご案内をいたします。

2.申込み
ご入居をご検討いただけましたら、お申込みまたは仮押さえへと進みます。ご契約が成立するまでは、途中解約も可能でございます。

3.必要書類の提出
当社書式の「健康診断書」「入居申込書兼個人情報使用同意書」、医療機関書式の「診療情報提供書」など、必要書類をご用意いただきます。

4.入居前の面談
契約内容、重要事項、管理規定などについて、十分にご説明いたします。ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

5.契約・入金
内容にご納得いただけましたら、契約書にご署名とご捺印をいただきます。ご入居までに指定の口座へ入居金をお振り込みください。

6.入居
介護スタッフが万全の体制を整えて、ご入居をお待ちしております。お体の不自由な方は、お迎えサービスをご利用いただけますので、お気軽にお申し付けください。
 

施設のご利用をご検討のあなたへ
無料で有料老人ホームイリーゼの資料をお送りしています

サービス付き高齢者向け住宅で老後も自分らしい暮らしを

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の基礎知識や、メリット・デメリット、住宅型有料老人ホームとの違いをご紹介しました。

サービス付き高齢者向け住宅には、国から補助金制度が設定されているため、今後さらに多くの民間企業が参入する可能性があると見られています。高齢者や要介護者の増加が見込まれていることから、それに比例してサービス付き高齢者向け住宅の数も増えていくでしょう。

一般住宅に近い生活を送れて、かつ暮らしの不安や心配事をサポートしてくれるサービス付き高齢者向け住宅。身の回りのことをある程度自分でできる高齢者が、安否確認と生活相談のサービスを利用しながら、自分らしく暮らせるのが魅力です。老後も自分らしい暮らしを続けるために、サービス付き高齢者向け住宅への入居を検討してみましょう。

(注)本記事の内容は、公的機関の掲出物ではありません。記事掲載日時点の情報に基づき作成しておりますが、最新の情報を保証するものではございません。

記事一覧へ

閉じる

イリーゼが低価格で安心のサービスを提供できる理由

理由① 自社開発費用を少なくすることで、お客様への初期費用のご負担を少なく

理由① 自社開発費用を少なくすることで、お客様への初期費用のご負担を少なく

「退院後、急ぎで入居できる施設を探したい」など、介護でお困りの方の初期負担をできるだけ抑えたい想いから入居金0円にしております。

イリーゼの想いと実績に賛同いただいたオーナー様に建物を建てていただくことで、自社開発費用を少なくし、お客様のご負担を少なくしました。 これらの結果、全国で100以上の施設を展開。その信頼とお客様のご支持により、イリーゼを運営しております。

理由② 高い入居率をキープすることで、安定した運営を実現

理由② 高い入居率をキープすることで、安定した運営を実現

ご利用しやすい月額利用料にすることで、空室をできるかぎり少なくし、約90%の入居率をキープしております。入居率の高い安定した運営を行うことにより、介護が必要な方でも安心できるホームを低価格でご利用できます。

よくあるご質問

Q料金が安い分、スタッフの数が少なかったり、医療連携や介護サービスの質が低かったりしないか心配です。
A

イリーゼでは、ご入居者さまと介護・看護職員の比率が3:1以上になるように配置(※)しており、ご入居者様に医療連携・介護ともに手厚いサポートを提供しております。

※ 介護付有料老人ホームの場合