老人ホームへの入居相談ができる窓口は?まずは専門家に聞いてみよう


 
老人ホームへの入居を考え始めると、さまざまな不安やお悩みが浮かんでくることも。「入居のメリットやデメリットは?」「初期費用や月額費用はいくらかかるの?」「在宅介護との違いは?」そんな疑問は、介護の専門家に相談してみましょう。
 
ここでは、老人ホームの入居相談ができる窓口をご紹介します。介護の相談を担当する機関にはいくつかの種類があり、それぞれ役割が異なる場合があるため、相談内容に合わせて選びましょう。
 
【目次】
1.老人ホームの入居相談ができる主な窓口
2.老人ホーム入居を決める前に専門家に相談したほうが良い理由
3.介護付き有料老人ホーム「イリーゼ」は気軽に入居相談が可能
4.老人ホームに入居するなら納得できるよう相談を


 
 

老人ホームの入居相談ができる主な窓口

まずは、老人ホームの入居に関する主な相談窓口や、それぞれの特徴といった情報をお伝えします。ご家族の入居先をお探しの方や、入居に対する不安やお悩みがある方は、問い合わせを検討してみましょう。
 

●老人ホームの窓口

各種老人ホームのフリーダイヤルに、入居相談窓口が設置されている場合があります。施設の料金や設備について詳しい説明を受けられ、介護経験があるスタッフに対応してもらえる場合があるのがメリットです。資料請求や見学予約も可能なため、問い合わせてみてはいかがでしょうか。
 
イリーゼ フリーダイヤル:0120-12-2943
受付時間 平日9:00~18:00 土日祝日9:00~17:00
 

●市区町村の福祉課

役所のなかで、地域住民の生活福祉に関する業務を担当する課のことです。高齢者福祉にまつわる相談会も実施されています。どの窓口で相談するべきか不明なとき、初めに相談することも可能です。利用については、居住する地域を管轄する役所へ問い合わせましょう。
 

●民間の紹介センター

全国各地にある老人ホームの情報を取り扱う、民間の紹介サービスです。老人ホームから支払われる紹介料で運営されるのが一般的で、利用者は無料で相談できる仕組みとなっています。幅広い老人ホームの情報が集まるため、施設選びの選択肢を広げられる可能性があります。
 

●地域包括支援センター(高齢者総合相談センター)

社会福祉法人や社会福祉協議会などによって運営される、地域の高齢者のための相談窓口です。保健師・社会福祉士・主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)といった専門家が在籍しています。介護に関する相談に限らず、老後のあらゆる問題を相談できるのが特徴です。
 

●福祉事務所

高齢者を含む、さまざまな福祉の分野の相談を受け付ける窓口です。介護のほかに、生活保護・児童福祉・障害者福祉にも対応しています。全国の都道府県や市区町村などに設置され、老人福祉指導主事や身体障害者福祉司をはじめとした、専門資格を持つ職員が業務にあたっています。
 
<参考>
厚生労働省 福祉事務所
厚生労働省 福祉事務所職員
新宿区 高齢者総合相談センター(地域包括支援センター)
葛飾区 高齢者総合相談センター(地域包括支援センター)について
 

老人ホームをご検討中のあなたへ
無料で有料老人ホームイリーゼの資料をお送りしています

 
 

 

老人ホーム入居を決める前に専門家に相談したほうが良い理由

老人ホームへの入居後、住まいに関する困りごとを抱えてしまう方も少なくありません。ここでは、施設の選び方について、専門家への相談をおすすめしたい理由を解説します。
 

●適切な施設選びが難しい

介護施設には、数多くの種類があります。たとえば、「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」「ケアハウス」「介護付き有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「グループホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」などです。各施設には違いがあるものの、専門家以外には比較が難しいことも。それに、適切な施設の選び方は、被介護者の方の要介護度やお体の状態、経済状況などの条件によっても異なります。こうした理由から、専門家に施設を案内してもらったほうが安心です。
 

●各施設の状況に詳しい専門家がいる

相談窓口には、各施設の特徴や料金体系など、詳しい情報を把握している専門家が待機しています。老人ホームへの入居をお考えなら、実際に各施設を見学する前に、スタッフへの質問項目や要望などをまとめておくのがポイントです。相談窓口を上手に活用しながら、老人ホームを選びましょう。
 

有料老人ホーム「イリーゼ」は気軽に入居相談が可能

有料老人ホームの「イリーゼ」の窓口には介護経験のあるスタッフもおりますので、お客様に合った施設を探すお手伝いをさせていただきます。また、「イリーゼ」の施設の特徴や、ご相談から入居までの流れをお伝えします。
 

●イリーゼとは?

「イリーゼ」は、全施設に入居金0円プランが用意されている有料老人ホームです。一般的に金額が高い傾向にある初期費用の負担を抑えながら、安心して入居していただけます。オンラインで資料請求(無料)や、施設の見学予約を行えるため、どうぞお気軽にご相談ください。
 

●イリーゼでの相談~入居の流れ

1.受付・見学
まずは、お電話またはホームページからお問い合わせください。資料請求や見学のご案内をいたします。
 
2.申込み
ご入居をご検討いただけましたら、お申込みまたは仮押さえへと進みます。ご契約が成立するまでは、途中解約も可能でございます。
 
3.必要書類の提出
当社書式の「健康診断書」「入居申込書兼個人情報使用同意書」、医療機関書式の「診療情報提供書」など、必要書類をご用意いただきます。
 
4.入居前の面談
契約内容、重要事項、管理規定などについて、十分にご説明いたします。ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。
 
5.契約・入金
内容にご納得いただけましたら、契約書にご署名とご捺印をいただきます。ご入居までに指定の口座へ入居金をお振り込みください。
 
6.入居
介護スタッフが万全の体制を整えて、ご入居をお待ちしております。お体の不自由な方は、お迎えサービスをご利用いただけますので、お気軽にお申し付けください。
 

老人ホームをご検討中のあなたへ
無料で有料老人ホームイリーゼの資料をお送りしています

老人ホームに入居するなら納得できるよう相談を

ここまで、老人ホームの入居相談ができる窓口や、相談することの大切さについてお伝えしました。介護の専門知識を持つ専門家から話を聞けば、相談内容に対してプロの目線から最適な提案やアドバイスを受けられます。お困りの際は、お近くの相談員や相談窓口を利用しましょう。ご家族が納得の介護を受けられるよう、各種サポートをご活用ください。
 

(注)本記事の内容は、公的機関の掲出物ではありません。記事掲載日時点の情報に基づき作成しておりますが、最新の情報を保証するものではございません。

記事一覧へ

閉じる

イリーゼが低価格で安心のサービスを提供できる理由

理由① 自社開発費用を少なくすることで、お客様への初期費用のご負担を少なく

理由① 自社開発費用を少なくすることで、お客様への初期費用のご負担を少なく

「退院後、急ぎで入居できる施設を探したい」など、介護でお困りの方の初期負担をできるだけ抑えたい想いから入居金0円にしております。

イリーゼの想いと実績に賛同いただいたオーナー様に建物を建てていただくことで、自社開発費用を少なくし、お客様のご負担を少なくしました。 これらの結果、全国で100以上の施設を展開。その信頼とお客様のご支持により、イリーゼを運営しております。

理由② 高い入居率をキープすることで、安定した運営を実現

理由② 高い入居率をキープすることで、安定した運営を実現

ご利用しやすい月額利用料にすることで、空室をできるかぎり少なくし、約90%の入居率をキープしております。入居率の高い安定した運営を行うことにより、介護が必要な方でも安心できるホームを低価格でご利用できます。

よくあるご質問

Q料金が安い分、スタッフの数が少なかったり、医療連携や介護サービスの質が低かったりしないか心配です。
A

イリーゼでは、ご入居者さまと介護・看護職員の比率が3:1以上になるように配置(※)しており、ご入居者様に医療連携・介護ともに手厚いサポートを提供しております。

※ 介護付有料老人ホームの場合