きざみ食とは?メリット・デメリットと作り方のポイント、注意点


 
きざみ食は、細かく刻んだ食材を使った料理のことです。常食(普通食)をとるのが難しくなったら食事の作り方を変えて、食べやすいように工夫してみましょう。ただし、人によってはきざみ食が向いていることもあれば、避けたほうが良いケースもあります。メリット・デメリットを把握して、危険性がないか確かめましょう。
 
今回は、高齢者の介護食のひとつであるきざみ食について、基礎知識や作り方のコツ、注意点などをご紹介します。
 
【目次】
1.きざみ食の基礎知識
2.きざみ食の作り方や注意点
3.きざみ食への形態変更ができる「イリーゼ」の施設
4.介護施設を選ぶときは食事の質にもこだわろう


 
 

きざみ食の基礎知識

介護食の一種であるきざみ食には、どういった特徴があるのでしょうか。まずは基本的な知識や、メリット・デメリットについて知りましょう。
 

●きざみ食とは?

きざみ食とは、通常の食事よりも細かく刻んで調理された介護食のことです。食材をカットする大きさは5mm~2cm程度が目安とされます。噛む(咀嚼:そしゃく)力は弱くても飲み込む(嚥下:えんげ)力はある人、口を開けづらい人などに向いています。
 
ほかにも、介護食にはミキサー食やソフト食(軟菜食、やわらか食)といった食事形態があります。高齢者それぞれの体の状態に合わせた料理を作ることが大切です。
 

●きざみ食のメリット・デメリット

・メリット
きざみ食は、食べ物を細かく刻むことで噛む作業を省くことができるため、咀嚼の負担や口を開ける負担が軽減されることがメリットです。また、流動食などと比べて、食材の見た目、食感、香りなどを楽しめるのも魅力のひとつとなります。普通食に近い食事ができるため、食欲を失いにくくなる効果も期待できます。
 
・デメリット
きざみ食は、細かく刻んでいるため、口の中や喉の奥でばらけやすく、気管にも入りやすくなり、誤嚥(ごえん)のリスクが高まります。嚥下機能が保たれている人や、唾液が十分に出る人にとっては、食塊がまとまりやすくなりますが、嚥下機能が低下している人や、唾液の量が少ない人には向きません。また、小さな食材が歯間に挟まり、虫歯になりやすいため、食事後に口腔ケアが必要です。丁寧にケアをすることで、細菌の繁殖を防げます。
 

●ソフト食との違い

ソフト食はきざみ食と異なり食材は細かく刻まれていません。舌や歯茎で押すだけで潰れるほどの柔らかさに調整されているため飲み込みやすく、誤嚥のリスクが少ないことが特徴です。きざみ食には向かない人も、ソフト食なら食べやすいことがあります。
 
 

ご自宅での介護に不安を感じているあなたへ
無料で有料老人ホームイリーゼの資料をお送りしています

 
 

 

きざみ食の作り方や注意点

きざみ食は、販売されている食品を購入したり、配食サービスを利用したりするほかに、自宅で簡単に作る方法もあります。きざみ食を作るときは、食べやすいように工夫することや、食中毒予防を行うことが大切です。以下のポイントに注意して、きざみ食を作ってみましょう。
 

●きざみ食の作り方のポイント

調理前または調理済みの食品を細かく刻みます。材料によっては、小さくカットすることで水分が失われ、こぼれやすくなったり飲み込みにくくなったりするため注意が必要です。対処方法として、市販の片栗粉やとろみ剤などを使ってとろみをつけるやり方があります。口の中で食材がまとまり、飲み込みやすくなるため、必要に応じて使ってみましょう。また、食材によっては、刻むだけでなく柔らかく調理することで、さらに食べやすくなります。誤嚥を防ぐためにも、材料の硬さにも気を配りましょう。
 

●きざみ食を作る際の注意点

包丁やまな板などの調理器具は、消毒をして清潔に保ちましょう。食材を細かく刻む工程で、食中毒の原因菌が付着する確率が高くなるためです。カットした後に加熱すれば死滅させられる細菌もありますが、調理済みのものや生食する野菜などは、刻んでからそのまま食卓へ出すことになります。このように再加熱せずに食べるものを刻む際は、特に衛生管理に配慮しましょう。
 
 

きざみ食への形態変更ができる「イリーゼ」の施設

入居者に合わせた食事を提供できる介護施設をお探しなら、ぜひイリーゼへの入所をご検討ください。きざみ食をはじめ、それぞれの咀嚼力や嚥下力に応じた介護食をお出しできます。
 

●イリーゼとは?

イリーゼは全施設に入居金0円プランが用意されている有料老人ホームです。施設には介護スタッフが24時間365日常駐しています。ケアの専門知識と技術を持つプロが入居者の日常生活をサポートするため、安心して暮らしていただけます。入居者の家族も参加可能な旅行企画などレクリエーションも実施され、旅行や外出イベントはスタッフが付き添いサポートいたします。
 
(注)職員体制やレクリエーションは施設により異なります。詳しくはフリーダイヤルよりお問い合わせください。
 

●イリーゼが提供する食事の特徴

イリーゼでは、通常の食事だけでなく、居住者の身体状況に合わせて、きざみ食など介護食へ気軽に変更できます。塩分調整にも対応しているため、お気軽にご相談ください。
 
毎日の食事は、管理栄養士や栄養士、もしくは調理師が居住者の栄養バランスを考え、メニューを決定。施設内の厨房で作られた出来たての食事を提供しています。旬の食材を使用した季節のメニューを用意するなど、日々の食事を楽しんでいただけるような工夫も行っています。食堂への移動にサポートが必要な場合はスタッフが付き添うためご安心ください。
 
 

ご自宅での介護に不安を感じているあなたへ
無料で有料老人ホームイリーゼの資料をお送りしています

介護施設を選ぶときは食事の質にもこだわろう

安全で美味しいきざみ食を食べてもらうには、基本的な作り方のポイントを押さえておくことが大切です。体の状態によってはきざみ食が適さないこともあるため、適切な食事を提供できているか、しっかりと確認しましょう。
 
一人ひとりに合った食事を提供するイリーゼなら、安心して毎日の食事を楽しんでいただけます。衛生管理を徹底させながら、栄養バランスに配慮したきざみ食をお出しします。ほかにも、ペースト食やソフト食などにも対応可能です。詳細については、ぜひお気軽にお問い合わせください。
 

この記事の監修者

医療法人社団高輪会 人事部教育研修課
歯科医師 成平恭一 歯科衛生士 渡辺昭子 言語聴覚士 岡島雅美

医療法人社団高輪会、昭和54年設立。
訪問歯科を中心とした医療法人で、全国の歯科医院に先駆けて専用の訪問診療車を導入するなど訪問歯科を積極的に運営。訪問歯科のほか学術研究に裏打ちされたノウハウと技術で、外来診療や審美歯科など幅広い歯科サービスを提供。人事部教育研修課はグループ従業員数歯科医師、歯科衛生士含め約650人の研修を取りまとめる。

(注)本記事の内容は、公的機関の掲出物ではありません。記事掲載日時点の情報に基づき作成しておりますが、最新の情報を保証するものではございません。

記事一覧へ

閉じる

イリーゼが低価格で安心のサービスを提供できる理由

理由① 自社開発費用を少なくすることで、お客様への初期費用のご負担を少なく

理由① 自社開発費用を少なくすることで、お客様への初期費用のご負担を少なく

「退院後、急ぎで入居できる施設を探したい」など、介護でお困りの方の初期負担をできるだけ抑えたい想いから入居金0円にしております。

イリーゼの想いと実績に賛同いただいたオーナー様に建物を建てていただくことで、自社開発費用を少なくし、お客様のご負担を少なくしました。 これらの結果、全国で100以上の施設を展開。その信頼とお客様のご支持により、イリーゼを運営しております。

理由② 高い入居率をキープすることで、安定した運営を実現

理由② 高い入居率をキープすることで、安定した運営を実現

ご利用しやすい月額利用料にすることで、空室をできるかぎり少なくし、約90%の入居率をキープしております。入居率の高い安定した運営を行うことにより、介護が必要な方でも安心できるホームを低価格でご利用できます。

よくあるご質問

Q料金が安い分、スタッフの数が少なかったり、医療連携や介護サービスの質が低かったりしないか心配です。
A

イリーゼでは、ご入居者さまと介護・看護職員の比率が3:1以上になるように配置(※)しており、ご入居者様に医療連携・介護ともに手厚いサポートを提供しております。

※ 介護付有料老人ホームの場合