知っておきたい介護の知識 | 有料老人ホームをお探しならイリーゼ

口腔ケアとは?高齢者の口の中に見られるトラブルと効果的なケア方法


 
「口腔ケア」とは、口の中を清潔に保つことで、口腔内だけでなく体全体の健康を保つケアのことです。この言葉が生まれた背景には、介護を必要とする高齢者数の増加という日本社会の現状があります。加齢とともに体の機能が衰えると、自力で口腔環境を整えることが難しくなるため、介護者が代わりに高齢者の口腔内に気を使ってあげる必要が出てきます。
では、高齢者にとって必要な口腔ケアにはどのようなものがあるのでしょうか?
今回は、現在高齢者の介護に携わっている人に向けて、高齢者の口腔内の問題や、口腔ケアの効果とポイントについてご紹介します。
 
 
【目次】
1.高齢者の口腔内には問題がいっぱい!
2.口腔ケアとは
3.口腔ケアの効果
4.口腔ケアのポイント
5.口腔ケアの方法
6.心身の健康につながる口腔ケア
 
 
続きを読む →




車椅子の種類と特徴|各部位の機能から正しく選ぶためのポイントまで


 
座ったまま移動ができる車椅子は、歩行が困難な人にとっての重要な移動手段です。高齢化が進み、利用者のニーズが多様化するにつれ、操作が簡単なものや多機能で介護者・被介護者双方にやさしいものなど、車椅子の種類も豊富になりました。使う機会が増えるほど、自分の体の一部のように感じられるような最適な車椅子を選びたいものです。
今回は、車椅子の使用や買い替えを検討している人のために、車椅子の種類や機能、選ぶときのポイントについてご紹介します。
 
 
【目次】
1.車椅子の種類と特徴
2.車椅子の部位と役割
3.車椅子に備わっている機能
4.車椅子を選ぶときのポイント
5.利用者の「できること」を優先した車椅子選びを
 
 
続きを読む →




最適な手すりで介護負担を軽減!種類や特徴、正しい選び方


 
高齢者の自立した生活をサポートする方法の一つに、自宅への手すりの設置があります。家の中の適切な場所に手すりを配置すれば、転倒や落下などの危険性が低くなり、被介護者の安全を確保できるだけでなく介護者側の負担を軽減することにもつながります。
今回は、これから在宅介護を始める人や、介護リフォームを検討している人のために、介護用の手すりの役割や種類、手すりの正しい選び方についてご紹介します。
 
【目次】
1.介護における「手すり」の役割
2.手すりの種類
3.手すりを選ぶときのチェックポイント
4.手すりの設置は被介護者と家族の安心につながる
 
 
続きを読む →




認知症で徘徊し始めた人への正しい対応と介護疲れしない方法


 
認知症の症状の一つである「徘徊」は、近所の人や警察を巻き込む可能性があるため、介護する側にとって大きなストレスの原因になります。本人に悪気がないことは理解していても、なかなか思うように意思疎通が図れずイライラしてしまうこともあるでしょう。徘徊を繰り返す高齢者の介護をしている人は、精神的にも身体的にも追い詰められがちです。正しい対処法がわからずに一人でなんとかしようとすると、介護疲れに陥ったり、ひどいときはうつ病を発症したりするおそれがあります。そうした事態を防ぐためには、徘徊についての理解を深め、正しい対応を身に付けておくことが重要です。
今回は、認知症高齢者の介護に携わっている人に向けて、徘徊の原因と対策をご紹介します。
 
 
【目次】
1.認知症の症状の一つ「徘徊」とは?
2.徘徊の原因
3.徘徊への正しい対応の基本
4.徘徊の具体的な予防策と解決策
5.徘徊の悪化を防ぐには、正しい対応を身に付けることが大切
 
 
続きを読む →




療養病床が2017年度末に廃止|受け皿になる3つの新施設の特徴とは


 
「療養病床」とは、病院にある「一般病床」「療養病床」「精神病床」「感染症病床」「結核病床」という5種類の病床群の中の一つです。病気や加齢などで長期の休養を必要としている人が対象で、充実した医療ケアを受けられるというメリットがあります。
高齢化が進むとともに需要が高まり、施設数は年々増加していましたが、2017年度末での廃止が決まり、廃止後は代わりとなる3つの新施設を誕生させる方針で議論が進んでいます(2017年4月末現在)。
今回は、現在介護に携わっている人に向けて、療養病床が廃止される経緯と新たな受け皿になる3類型の施設の特徴についてご紹介します。
 
【目次】
1.療養病床って何?
2.療養病床が廃止される経緯
3.廃止後の受け皿になる3種類の新施設
4.満足のいくサービスを受けるため、新施設の特徴を理解しよう
 
 
続きを読む →




老人性うつってどんな病気?症状・原因・対策・認知症との違い


 
少子高齢化が進む日本では、高齢者特有の病気が増えつつあります。「老人性うつ」もその一つです。うつ病は、子どもから高齢者までどの年代でも発症する可能性がある病気ですが、高齢者のうつ病は認知症と間違われるケースが多いため、周囲の人がなかなか気付けず、知らないうちに症状が進行してしまうことがあります。そのため、周りの家族が正しい知識を持ち、早い段階で適切な対応を取ることが求められます。
今回は、「最近、同居している親の元気がない」「介護している相手の様子がいつもと違う」と感じている人に向けて、老人性うつの症状と原因、認知症との違い、正しい対処法をご紹介します。
 
【目次】
1.「老人性うつ」とは?
2.老人性うつと認知症の違い
3.老人性うつの対処法
4.老人性うつは治療すれば治る病気
 
 
続きを読む →




嚥下障害とは?原因と対策を正しく理解して、毎日の食事を楽しく!


 
「嚥下(えんげ)障害」とは、食べ物を上手に飲み込めない状態のことです。嚥下障害があると、食事に苦労がつきまとうため、食べる楽しみが減ってしまいます。それだけではなく、そのまま放っておくと命を脅かす病気を招くこともあります。
嚥下障害は高齢になると誰にでも起こり得るものですが、状態を改善したり、嚥下障害に起因する病気を予防したりすることはできます。
では、飲み込む力と食べる楽しみを取り戻すには、どうすれば良いのでしょうか?
今回は、現在高齢者を介護している人に向けて、嚥下障害の原因と治療法、嚥下障害が引き起こす「誤嚥性肺炎」についてご紹介します。
 
 
【目次】
1.嚥下障害とは?
2.嚥下障害の原因
3.嚥下障害が引き起こす「誤嚥性肺炎」とは?
4.嚥下障害の治療法
5.嚥下障害の危険性を理解し、正しい対策を
 
 
続きを読む →




「傾眠傾向」とは?高齢者に見られる意識障害の原因・症状・対処法


 
「傾眠傾向」とは、声掛けや、肩をポンと叩くといった弱い刺激で意識を取り戻す程度の、軽度の意識障害の一種です。
一見、睡眠不足の人が日中眠気に襲われ、うとうとしているのと同じようにも見えますが、ただの居眠りとは異なります。
傾眠傾向の症状は高齢者によく見られ、病気の兆候である場合もあります。そのため、昼間にうとうとする状態が度々見られるようであれば、傾眠傾向の可能性を疑ったほうがいいでしょう。
今回は、高齢者の介護を行っている人に向けて、傾眠傾向の原因や症状、対処法をご紹介します。
 
 
【目次】
1.意識障害の一種「傾眠傾向」とは
2.傾眠傾向の原因
3.傾眠傾向の対処法
4.傾眠傾向との正しい付き合い方
 
 
続きを読む →




「見守りサービス」とは?離れて暮らす高齢者を見守る5つのタイプ


 
高齢の両親が心配ではあるものの、仕事や家庭の関係で同居しながらの介護は難しいという人もいるでしょう。そのような人におすすめしたいのが、離れて暮らす家族の状態を確認し、状況に応じてサポートする「見守りサービス」です。少子高齢化が進む中、サービスの種類はどんどん多様化していて、個々のライフスタイルに合わせていろいろな選択ができるようになっています。
今回は、遠距離介護を行っている人のために、5つのタイプの見守りサービスをご紹介します。
 

【目次】
1.「見守りサービス」とは?
2.「訪問型」見守りサービス
3.「センサー型」見守りサービス
4.「オート電話・オートメール型」見守りサービス
5.「カメラ型」見守りサービス
6.「宅配型」見守りサービス
7.ライフスタイルに合った見守りサービスの選択を
 
 
続きを読む →




杖の種類と特徴|目的別に上手に選んで足腰への負担を軽減!


 
杖は、足の不自由な方や筋力の衰えた高齢者に自分で歩く喜びや、行きたいところへ出かけられる楽しみを与えてくれる道具の一つです。
一昔前は、種類がそれほど多くなく選択肢が限られていましたが、高齢化社会の中で需要が伸びるとともに、杖のバリエーションも増えてきました。今では、介護度の高さ、色、素材、デザイン、価格などに応じて好きなものを選べるようになっています。
そこで今回は、自分にぴったりの杖を選んで毎日の生活をより充実させたいと考えている方とその家族のために、杖の種類や特徴、正しい選び方についてご紹介します。
 

【目次】
1.杖の目的と役割
2.杖の種類と特徴
3.杖の上手な選び方
4.杖の正しい使い方
5.最適な杖を選び、生活の質の向上を
 
 
続きを読む →




気になる点のご相談などお気軽にお電話ください。

0120-12-2943

受付時間 平日9:00~18:00 土日祝日9:00~17:00

お悩みなど、介護のプロに
なんでもご相談ください

電話をかける
0120-12-2943