知っておきたい介護の知識 | 有料老人ホームをお探しならイリーゼ

介護の現場で役立つ資格とは?取得方法と身に付くスキルまとめ


高齢化が進むにつれ、介護施設の数やサービスの種類は年々増加しています。それに伴い、介護職の需要は増す一方ですが、マンパワーは常に不足しており、自宅での介護を余儀なくされている人が多くいます。もちろん、高齢者本人の希望や経済的な理由で在宅介護をしている家庭もあります。しかし、介護施設で有資格者が行っている業務を、素人が同じように行うのはとても難しいことです。自己流で在宅介護を行うと、間違った対応で被介護者の体を危険にさらす可能性があるだけでなく、介護する側の肉体的・精神的な負担が大きくなってしまいます。
今回は、在宅介護に不安や疲れを感じている人のために、学んだ知識を在宅介護にも活かすことができる介護の資格をご紹介します。
 
 
【目次】
1.介護職員初任者研修
2.介護職員実務者研修
3.介護福祉士
4.ケアマネジャー(介護支援専門員)
5.適切な在宅介護に生かせる介護の資格
 
 
続きを読む →




遺品整理の時期と方法|故人の私物と生前の思い出をいつまでも大切に


親族や身内が亡くなり、故人の遺品整理をする機会は、一生のうちでもそれほど多くありません。そのため、いざ自分がやることになったら、ほとんどの人はどうすれば良いかわからず、困ってしまうでしょう。
今回は、遺品整理の方法を知りたい人に向けて、遺品整理に適切な時期やプロに頼むメリットとデメリット、遺品整理の注意点などを詳しくご紹介します。
 
 
【目次】
1.遺品整理とは
2.遺品整理の時期
3.遺品整理の方法
4.遺品整理の注意点
5.遺品整理の時期や方法は人それぞれ
 
 
続きを読む →




胃ろうの人を介護するときのポイントと胃ろうのメリット・デメリット


「胃ろう」とは、身体機能の低下などにより口から食事をすることが困難になった人が、胃から直接栄養を摂取するための医療措置のことです。食べることは人間が生きていく上で大切な行為であり、おいしい食事は人生の質を高めてくれます。それだけに、できる限り自分の力で食事を続けたいと考える人が多いでしょう。
しかし、胃ろうには肺炎などのリスクを回避し、患者本人と介護者の両方にかかる負担を減らせるというメリットがあることも確かです。
今回は、高齢者の介護に携わっている人のために、胃ろうの基礎知識や、胃ろうの人を介護する方法をご紹介します。
 
 
【目次】
1.胃に直接栄養を入れる「胃ろう」とは
2.胃ろうのメリットとデメリット
3.胃ろうカテーテルの種類
4.胃ろうの人を介護するポイント
5.胃ろうを活用して安心できる介護生活を
 
 
続きを読む →




高齢者の脱水症状に要注意!予兆と原因、正しい予防と対処法


体内の水分量が不足したときに起こる「脱水症」は、食事や水分の摂取量が減りがちな高齢者が気をつけたい症状の一つです。本人も周囲も気づかないまま脱水状態に陥ることを「かくれ脱水」といい、この段階で正しい処置を施さないと、重症化して命にかかわることがあります。脱水症のリスクが高くなる夏場だけでなく、常に高齢者が水分を摂りやすい環境を整え、脱水症に陥らないように予防することが大切です。
今回は、現在介護に携わっている人、これから介護を始める人のために、高齢者の脱水症のサイン、応急処置と予防法についてご紹介します。
 
 
【目次】
1.高齢者によく見られる「脱水症」とは
2.高齢者が脱水症に陥りやすい理由
3.こんな症状が現れたら注意!脱水症のサイン
4.脱水症の症状が見られたときの応急処置
5.普段からできる脱水症の予防法
6.高齢者の脱水症を防ぐには、周囲のサポートが不可欠
 
 
続きを読む →




ロコモティブシンドロームとは?運動習慣で健康寿命を伸ばす!


「ロコモティブシンドローム」という言葉は、日本人の健康寿命を伸ばす取り組みを促すために、「日本整形外科学会」が2007(平成19)年に提唱したものです。
高齢化が進むにつれ、体の自由が十分にきかない状態で社会生活をおくる高齢者の数が増えています。加齢による衰えは仕方のないことですが、完全に寝たきり状態になる前に、できる対策は取りたいものですよね。
今回は、高齢の親を持つ人だけでなく、自分の老後が心配という人に向けて、ロコモティブシンドロームの症状や原因、予防法をご紹介します。
 
 
【目次】
1.ロコモティブシンドロームとは?
2.ロコモティブシンドロームかどうかをチェック!
3.ロコモティブシンドロームの原因
4.今日からすぐ実行!ロコモティブシンドロームの予防法
5.悪循環に陥る前にロコトレを
 
 
続きを読む →




パーキンソン病ってどんな病気?予防法は?治療すれば完治する?

介護が必要になるきっかけの一つにパーキンソン病の発症があります。パーキンソン病は主に50歳以上の中高年に見られる進行性の疾患で、手足のこわばりといった軽い症状から、最悪の場合は寝たきり状態になることもある、現代の医学では完治が困難な難病として知られています。
今回は、「家族にパーキンソン病の疑いがある」「親がパーキンソン病を発症した」という人のために、パーキンソン病の症状や予防法についてご紹介します。
 
 
 
【目次】
1.パーキンソン病とは?
2.パーキンソン病の主な症状
3.パーキンソン病の予防法
4.パーキンソン病の症状が現れたときの対処法
5.パーキンソン病と正面から向き合った生活を
 
 
続きを読む →




ケアプランとは?介護に欠かせない「計画書」の役割と作り方


 
介護サービスとひと口にいっても、施設でのサービスから訪問型のサービス、福祉用具のレンタルまで、さまざまな種類があるため、初めて利用する人にとっては、何が最適なのか選ぶのはなかなか難しいものです。
そんなときに役立つのが「ケアプラン」です。ケアプランとは、どのタイミングでどのサービスを利用するのが適切か、いろいろな視点から総合的に判断して作成する「サービス利用計画書」のことです。
今回は、これから介護を始める人のために、ケアプランの役割や作成方法についてご紹介します。
 
 
【目次】
1.ケアプランとは?
2.ケアプランを作成するケアマネジャーの役割
3.ケアプランの作成方法1:ケアマネジャーに依頼する
4.ケアプランの作成方法2:自分で作成する
5.しっかりしたケアプランは前向きな介護生活への一歩
 
 
続きを読む →




グループホームとは?入居条件や費用からメリット・デメリットまで


 
認知症の配偶者や親を介護している人の中には、「徘徊などの症状が出てきたので、目を離すのが怖い」と感じている人もいるでしょう。しかし、被介護者と別居していたり、自分の仕事が忙しかったりして、そばにずっといてあげられないケースもあります。そのようなときに利用したいのが、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)です。
今回は、「認知症の高齢者を介護している」「親が認知症と診断された」という人に向けて、グループホームのメリットとデメリット、サービス内容などについてご紹介します。
 
 
【目次】
1.認知症高齢者の受け入れ施設「グループホーム」とは
2.グループホームで受けられるサービス
3.グループホームのメリットとデメリット
4.有料老人ホームとの違い
5.グループホームは認知症高齢者にとっての第二の家
 
 
続きを読む →




介護オムツとは?被介護者が安心できて、自尊心を傷つけない選び方


 
介護オムツを使うか否かは、介護者と被介護者の双方にとって重要な問題です。
例えば、日常的に安静にしている必要がある人の場合、介護オムツを使うとトイレのたびに起き上がる必要がなくなるため、身体的負担を軽減させることができます。
一方、まだ便意や尿意があり、意思表示ができるにもかかわらず、オムツの中に排泄しなければならない状況は、被介護者の自尊心を傷つけたり、皮膚トラブルや床ずれを引き起こしたりすることにつながります。
介護オムツのメリットを活かし、介護者、被介護者がお互いに快適に過ごすためには、どのような点に注意すればよいのでしょうか?
今回は、現在介護に携わっている人のために、介護オムツを上手に活用するポイントをご紹介します。
 
 
【目次】
1.介護オムツとは?
2.介護オムツの種類
3.介護オムツの選び方
4.介護オムツの交換方法
5.オムツ選びは本人の納得感を第一に
 
 
続きを読む →




呼吸リハビリテーションの目的と効果|正しい呼吸法でQOL向上を


 
息を吸ったり吐いたりする呼吸は、人間が生きる上で欠かせない重要な動作です。呼吸は普段、無意識に行っていますが、体が弱った高齢者の中には十分に呼吸できず、息苦しさを感じている人もいます。
呼吸の際に使う筋肉などをトレーニングし、呼吸をスムーズにすることを「呼吸リハビリテーション」といいます。呼吸器疾患による息苦しさを改善し、いきいきと充実した生活を送れるようにするのが目的です。
今回は、これから介護を始める人や、現在介護に携わっている人に向けて、呼吸リハビリテーションの効果や正しい方法をご紹介します。
 
 
【目次】
1.呼吸リハビリテーションとは?
2.呼吸リハビリテーションの対象となる疾患
3.呼吸リハビリテーションの方法
4.需要の高まりが予想される呼吸リハビリテーションの今後
 
 
続きを読む →




気になる点のご相談などお気軽にお電話ください。

0120-12-2943

受付時間 平日9:00~18:00 土日祝日9:00~17:00

お悩みなど、介護のプロに
なんでもご相談ください

電話をかける
0120-12-2943

この一冊で施設のことが丸わかりかんたん資料請求フォーム無料