知っておきたい介護の知識 | 有料老人ホームをお探しならイリーゼ

要介護5とは?介護サービスを利用する際のポイントと注意点


 
厚生労働省は身体介護や生活援助が求められる高齢者を介護が必要な度合い応じて分類する「要介護認定」という7段階の基準を設けています。この中で最も重度の状態が要介護5です。
 
自宅におけるさまざまな行動が困難になるため、施設サービスを利用するのが一般的です。
 
こちらでは、要介護5の状態の特徴や、介護サービスを利用する際に知っておいていただきたいポイント・注意点をご紹介します。
 
【目次】
1.要介護5とは?
2.要介護5で介護を受ける際のポイントと注意点
3.要介護5の施設介護におすすめの「イリーゼ」
4.要介護5のご家族は信頼できる介護サービスに預けましょう

続きを読む →




要介護4とは?被介護者の日常生活の特徴と在宅介護を行う際の注意点


 
厚生労働省が介護に必要とされる時間(要介護認定等基準時間)をもとに設定している要介護認定。その中でも重度の状態とされるのが要介護4です。
 
生活の一部で支援が求められる要支援1や要支援2とは大きく違い、身体介護がなければ生活が困難な段階といえます。また、介護が求められる場面の多さや要介護者とのコミュニケーションの問題から、介護者への負担も大きくなる状態です。
 
こちらでは、要介護4の状態や在宅介護を行う場合の注意点などについてお話しします。
 
【目次】
1.要介護4とは?
2.要介護4でも在宅介護は可能?
3.要介護4の入居者も受け入れ可能な有料老人ホーム「イリーゼ」
4.要介護4の介護をご家族だけで抱え込まないようにしましょう

続きを読む →




要介護2の特徴とは?介護保険の支給限度額と利用可能な介護サービス


 
厚生労働省は介護が必要な度合いに応じて要介護状態を要支援1~2、要介護1~5の合計7段階で区分しています。要支援は日常生活に支援が求められる状態であり、介護予防サービスを受け、改善を目指すのが一般的です。
 
要介護1以上になると立ち上がりや片足での立位保持などの動作で支えが必要になるほか、掃除など身の回りのことでサポートが求められるケースが多くなっていきます。要介護の区分で2番目に該当し、「軽度」と定義されているのが要介護2の状態です。
 
こちらでは要介護2の特徴や利用可能な介護サービスについてお話しします。
 
【目次】
1.要介護2とは?
2.要介護2で利用可能な介護保険サービス
3.ご家族に介護が必要になったら「イリーゼ」の介護施設へ
4.要介護2でもさまざまな介護サービスを利用できます

続きを読む →




夜間対応型訪問介護とは?在宅介護用サービスのメリットと注意点


 
介護者の状態によっては、夜間のトイレなどで介護が必要になることもあります。身体介護などが深夜・早朝に及ぶこともあり、ご家族にとって大きな負担になることも少なくありません。特に、介護未経験の方にとっては、負担が大きい仕事内容といえます。夜勤や遅番などでヘルパーが対応してくれる介護サービスを利用しましょう。
 
こちらでは、夜間に訪問介護サービスを提供してくれる夜間対応型訪問介護や他の夜間サービスについてお話しします。
 
【目次】
1.夜間に利用可能な介護サービス
2.夜間対応型訪問介護を利用するには?
3.夜間の介護負担を減らす対策
4.サポートを利用して夜間の介護負担を軽減しましょう

続きを読む →




ユニット型特養とは?従来型の特養との違いとメリット・デメリット


 
ご家族を入居させる介護施設として、なるべく快適で過ごしやすい環境を選びたいと考えるのは自然なことです。さまざまな介護施設の選択肢があるため、それぞれの特徴を把握した上で慎重に選ぶことをおすすめします。
 
近年になり注目されてきているのが、「ユニット型特養」「ユニットケア」といったスタイルの介護です。条件に該当する老人の方が入居できる特定養護老人ホーム(特養)の中でも、手厚いケアが期待できるユニット型特養。こちらでは、このユニット型特養の概要やメリット・デメリットについてお話しします。
 
【目次】
1.ユニット型特養の基礎知識
2.ユニット型特養のメリット・デメリット
3.ユニット型特養が入居待ち状態の場合どうする?
4.ユニット型特養のメリットとデメリットを踏まえて柔軟に検討しましょう

続きを読む →




きざみ食とは?メリット・デメリットと作り方のポイント、注意点

きざみ食は、細かく刻んだ食材を使った料理のことです。常食(普通食)をとるのが難しくなったら食事の作り方を変えて、食べやすいように工夫してみましょう。ただし、人によってはきざみ食が向いていることもあれば、避けたほうが良いケースもあります。メリット・デメリットを把握して、危険性がないか確かめましょう。

今回は、高齢者の介護食のひとつであるきざみ食について、基礎知識や作り方のコツ、注意点などをご紹介します。

【目次】
1.きざみ食の基礎知識
2.きざみ食の作り方や注意点
3.きざみ食への形態変更ができる「イリーゼ」の施設
4.介護施設を選ぶときは食事の質にもこだわろう

続きを読む →




ソフト食とは?向いている人とメリット、美味しく作るポイント

ソフト食とは、食べ物を柔らかく調理することで、咀嚼力が低下した高齢者でも食べられるように工夫された介護食を指します。たくさん噛まなくても食事を飲み込みやすいほか、誤嚥を防ぎやすいメリットもあります。美味しく作るためのコツを知り、日々の料理に活かしましょう。ご自宅での調理が難しい場合は、専門サービスの力を借りるのもひとつの手です。

こちらでは、ソフト食の基本的な知識や作り方、利用可能なサービスなどをご紹介します。

【目次】
1.ソフト食の基礎知識
2.ソフト食の作り方や利用可能なサービス
3.「イリーゼ」の施設ではソフト食への形態変更が可能
4.ソフト食を提供する介護施設の利用も検討しよう

続きを読む →




高齢者の脱水症状に要注意!予兆と原因、正しい予防と対処法


体内の水分量が不足したときに起こる「脱水症」は、食事や水分の摂取量が減りがちな高齢者が気をつけたい症状の一つです。本人も周囲も気づかないまま脱水状態に陥ることを「かくれ脱水」といい、この段階で正しい処置を施さないと、重症化して命にかかわることがあります。脱水症のリスクが高くなる夏場だけでなく、常に高齢者が水分を摂りやすい環境を整え、脱水症に陥らないように予防することが大切です。
今回は、現在介護に携わっている人、これから介護を始める人のために、高齢者の脱水症のサイン、応急処置と予防法についてご紹介します。
 
 
【目次】
1.「脱水症」とは
2.高齢者が脱水症に陥りやすい理由
3.こんな症状が現れたら注意!脱水症のサイン
4.脱水症の症状が見られたときの応急処置
5.普段からできる脱水症の予防法
6.高齢者の脱水症を防ぐには、周囲のサポートが不可欠
 
 
続きを読む →




老人ホームへの入居相談ができる窓口は?まずは専門家に聞いてみよう


 
老人ホームへの入居を考え始めると、さまざまな不安やお悩みが浮かんでくることも。「入居のメリットやデメリットは?」「初期費用や月額費用はいくらかかるの?」「在宅介護との違いは?」そんな疑問は、介護の専門家に相談してみましょう。
 
ここでは、老人ホームの入居相談ができる窓口をご紹介します。介護の相談を担当する機関にはいくつかの種類があり、それぞれ役割が異なる場合があるため、相談内容に合わせて選びましょう。
 
【目次】
1.老人ホームの入居相談ができる主な窓口
2.老人ホーム入居を決める前に専門家に相談したほうが良い理由
3.介護付き有料老人ホーム「イリーゼ」は気軽に入居相談が可能
4.老人ホームに入居するなら納得できるよう相談を

続きを読む →




介護で利用できる補助金と、介護費用の負担軽減に役立つ主な制度

事情があってご自宅で介護を続けている方も少なくありません。以前と同じ職場環境で働きながら介護をしたり、ご家庭でケアを続けたりすると、費用面での負担も心配です。そんなとき、介護費用の負担を軽減するのに役立つ制度があります。要件に該当する高齢者の方は、補助事業を利用してはいかがでしょうか。
 
ここでは、介護で受け取れる主な補助金や、費用負担を軽減できる制度をお伝えします。また、入居金0円のプランのある介護付き有料老人ホームもご紹介するため、選択肢を広げてみましょう。
 
【目次】
1.介護で受け取れる主な補助金
2.介護費用の負担を軽減できる主な制度
3.初期費用の負担を抑えられる「イリーゼ」の特徴と魅力
4.介護の補助金や老人ホームの料金プランを活用して負担を抑えましょう

続きを読む →




気になる点のご相談などお気軽にお電話ください。

0120-12-2943

受付時間 平日9:00~18:00 土日祝日9:00~17:00

お悩みなど、介護のプロに
なんでもご相談ください

電話をかける
0120-12-2943