「要支援」と「要介護」の違い

介護保険を利用して介護サービスを受けるためには、役所から「要介護認定」を受ける必要があります。介護が必要な方をその状況に合わせて5段階に分類したものが「要介護認定」です。それに対して介護は必要ではないものの、日常生活に不便をきたしている人が分類されるのが「要支援」になります。この二つは混同されることも多いのですが、要介護認定にはいくつかの種類があり、「要支援」又は「要介護」の認定を受けますと、介護保険を利用することができます。

「要支援」と「要介護」の違いは定義だけではありません、実際に受けることができる介護サービスの内容や費用も異なってきます。

要支援とは
要介護とは

気になる点のご相談などお気軽にお電話ください。

0120-12-2943

受付時間 平日9:00~18:00 土日祝日9:00~17:00

お悩みなど、介護のプロに
なんでもご相談ください

電話をかける
0120-12-2943