遠距離介護の始め方と成功させるポイント。親と自分の負担を軽減


 
「遠距離介護」という言葉を聞いたことはありますか?遠距離介護とは、離れて暮らす高齢の両親が自立した生活を送れるように、子供がサポートすることです。「両親のそばにいて面倒をみてあげたい」という気持ちがあったとしても、親に介護が必要な時期は、大抵の場合自分も働き盛りの年齢です。自分自身が家庭を持っている場合、仕事と家庭、介護のすべてをうまくこなすのは相当な労力になるでしょう。
今回は、離れて暮らす両親が心配な人のために、遠距離介護についてご紹介します。

 
【目次】
1.遠距離介護を決断する理由と始める前の準備
2.遠距離介護のメリット・デメリット
3.遠距離介護を成功させるポイント
4.遠距離介護で利用したいサービス
5.周囲の協力を仰ぐことが遠距離介護成功の鍵
 
続きを読む

老老介護・認認介護とは?増加している原因と問題点、今後の対策


 
高齢化と核家族化が進む中、社会全体の課題となっているのが「介護問題」です。
そして、平均寿命が延びるにつれて、深刻になってきたのが高齢者同士による「老老介護」と「認認介護」の問題でしょう。配偶者の介護、両親や兄弟姉妹の介護、そして自分自身の老後――誰もが当事者として関わる可能性があるため、現状を正しく理解しておく必要があります。
今回は、身内や自分の老後に不安を抱える人のために、老老介護・認認介護それぞれの問題点と今後の対策についてご紹介します。
 

【目次】
1.増えている「老老介護」「認認介護」
2.老老介護・認認介護が増加している原因
3.老老介護・認認介護の対策
4.社会のサポートを上手に活用するのがポイント
 
続きを読む

訪問介護とは?サービス内容・費用・上手な選び方を徹底解説!


 
高齢者人口の増加に伴い、適切な支援を必要とする要介護者や要支援者向けの介護サービスが多彩になっています。その中でも被介護者に人気なのは、自宅で受けられる「訪問介護」です。
今回は、「自宅で介護を行っている」「これから介護を始める」という人のために、訪問介護のサービス内容や種類、費用などについてご紹介します。
 
【目次】
1.訪問介護とは?
2.訪問介護のサービス内容
3.訪問介護の費用と選び方
4.介護現場に欠かせない訪問サービスの種類
5.訪問介護を上手に利用してストレスフリーを目指そう
 
続きを読む

地域包括ケアシステムとは?超高齢化社会に求められる新しい介護の形


 
高齢者が住み慣れた地域で自分らしい人生を全うできる社会を目指して、2025(平成37)年を目途に整備が進められているのが、「地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)」です。2025年は、第一次ベビーブームと呼ばれる1947年~1949年に生まれた「団塊の世代」の人すべてが75歳以上の後期高齢者になる年です。そんな超高齢化社会に求められる介護の在り方とは、どのようなものなのでしょうか。
今回は、これからの時代の介護システムの柱となることが予想される地域包括ケアシステムの概要や解決すべき課題をご紹介します。
 
【目次】
1.地域包括ケアシステムとは?
2.地域包括ケアシステムのポイント
3.地域包括ケアシステムの課題
4.地域包括ケアシステムに希望を託して
 
続きを読む

終活とは?自分らしい最期を迎えるために必要な3つのこと


 
「終活」という言葉を聞いたことはありますか?終活は、死と向き合い、最後まで自分らしい人生を送るための準備のことです。
終活にはさまざまな形があります。子育てが終わり定年退職を迎えた方ならば、これからの生活をどうやって充実させようかと考えるでしょうし、まだ定年を迎える年齢ではなくても、自分の老後について今から準備をしておきたいと考える方もいるでしょう。現在介護をしている両親や義父母に、残された時間を有意義に過ごしてもらいたいと思っている方もいるかもしれません。
そこで今回は、後悔しない老後生活を送るために「終活で必要な3つのポイント」をご紹介します。
 
【目次】
1.終活とは?
2.終活1:エンディングノートを書く
3.終活2:遺言書を書く
4.終活3:お墓を決める
5.死と向き合い、限りある時間を良いものに
 
続きを読む