施設について

Q住宅型有料老人ホームと介護付有料老人ホームの違いは?
Aイリーゼ住宅型施設(小規模除く)の大きな特徴は、24時間ヘルパーが常駐していることで、介護付き施設と同じ介護が可能であることです。
要介護5の方であっても安心してお過ごし頂けます。また、住宅型有料老人ホームの大きな特徴は、入居者がサービスを選択できる点にあります。
たとえば、車椅子や必要な福祉用具のレンタルが出来ますので、購入することなく介護保険で利用いただけます。
他にも、リハビリ業者を利用したり、有料サービスの外出の付添い、などを利用する場合も同様に介護保険でご利用いただけます。
住宅型有料老人ホームでは、介護付有料老人ホームでは利用できないサービスを利用することもできるため、個々に合わせた詳細なケアプランの作成が可能です。
Q有料老人ホームではリハビリの取り組みはありますか?
Aホームスタッフや看護師が、ご入居者様に合わせて体操やリハビリ運動等の生活リハビリを行っております。
また、機能回復訓練等のリハビリに関しては、医師の指示のもと通院によるリハビリを行っていただいております。
浦和大門のホームについてのみ、機能訓練士が常駐しておりますので、詳細については、下記ページをご覧下さい。
イリーゼの機能訓練士常駐ホーム:イリーゼ浦和大門
Q家族の宿泊は可能ですか?
Aご家族やご友人のご宿泊に関しましては、原則お受けしておりませんが、特別の事情がある場合などはご相談ください。
Q日常の健康管理はどうなっていますか?
A年2回定期健康診断を行います。
1回目は市の検診を利用し無料で実施。2回目はお客様のご希望に応じて、有料での実施となります。
さらに、月2回は提携医療機関の診療を受けることができます。
日常的には、常勤の看護職員が、血圧測定や健康に関するご相談をお受けします。
健康状態については、お1人お1人のカルテを作成し看護職員が管理します。
Q防犯・防災は、どの様な配慮がありますか?
Aご入居者が安心して暮らせるように、イリーゼでは防犯や防災には特に気を遣っております。
具体的には、次のような対応策をとっております。
1.出入口はオートロックになっており、不審者の侵入を未然に防ぎます。
2.施設内には火災報知器やスプリンクラーや避難階段等が設置されております。
3.定期的に防災訓練を実施して、注意喚起に努めたり、対策を練っております。
4.災害時備蓄として、最低でも3日分の食料と飲料水を用意しております。
Q必要な日用品は用意してもらえるのですか?
A原則としてご家族様にご用意して頂きますが、ご希望により買い物代行等でお手伝いさせて頂くことも可能です。

気になる点のご相談などお気軽にお電話ください。

0120-12-2943

受付時間 平日9:00~18:00 土日祝日9:00~17:00

お悩みなど、介護のプロに
なんでもご相談ください

電話をかける
0120-12-2943