特集

豊かな自然環境や歴史、文化等に恵まれた「沖縄」でセカンドライフを!

施設内のご案内

イリーゼ今帰仁の館内の魅力をGoogle マップ インドアビューでご紹介いたします。各階にあるポイントを360°まるごとチェックできます。
写真をドラッグして館内の様子をご覧ください。また、矢印(<)をクリックするとさらに奥まで進めます。

見取図

ページの先頭へ戻る

沖縄の気候と環境

リュウマチ、神経痛等の療養にぴったりな温暖な気候

一年中花が咲き誇り、四季を通じて温暖な気候の沖縄は高齢者にとって恵まれた環境です。特に花粉症、リュウマチ、神経痛などの療養には最適だといわれています。また、沖縄は暑いというイメージを持たれている方もいるかもしれませんが、日差しを避けていれば南国の海風が心地よく、関東や関西より夏は涼しく感じます。また冬の平均気温は17度で最低気温でも15度程度ですからとても過ごしやすい環境です。
近隣には観光スポットが充実しており、ご家族がいらっしゃった際や日々の暮らしの中で大自然の景色と、歴史、文化が溢れる沖縄を満喫していただけます。
余談ですが、沖縄は揺れを感じる地震がとても少なく、観測史上震度5以上の地震ないというのも嬉しいですね。

  • イリーゼ今帰仁から見えるワルミ大橋は絶景ポイント!
    イリーゼ今帰仁から見える古宇利大橋は絶景ポイント!
  • イリーゼ八重瀬付近は情緒あふれる町並みが残っています
    イリーゼ八重瀬付近は情緒あふれる町並みが残っています

ページの先頭へ戻る

沖縄への移住サポートプラン

「不慣れな土地での生活が不安」そんな方のために安心していただけるよう、様々なサポートを行っております。
例えばご本人やご家族の送迎、家族も一緒に移住する際の不動産会社紹介、おすすめ観光地のご案内、任意後見人等のサポート・・・・・
お客様の移住サポートはホームだけでなく沖縄支店スタッフも一緒になって快適な沖縄ライフを過ごしていただけるように心の通ったサポートを行っております。

ゲストルーム完備

イリーゼ今帰仁はご家族様が気軽にお越しいただけるように、1泊3,000円(税抜)で宿泊できるゲストルームを完備しております。お風呂、キッチンもあり、琉球民家式の和室タイプなので、ご家族でゆったりお寛ぎいただけます。4~5名様まで対応できますので、お子様、お孫様、ご友人も安心してしかもお得にお泊りできます。食事を希望される方は事前にご予約いただければホームでご提供している食事をみなさんと一緒に召し上がることもできます。

  • 琉球民家式のゆったりしたゲストルーム!
    琉球民家式のゆったりしたゲストルーム!
  • 共有スペースでお茶を楽しんだり、おしゃべりしたり♪
    共有スペースでお茶を楽しんだり、おしゃべりしたり♪
  • 将棋、絵画、カラオケなどクラブ活動もあります
    将棋、絵画、カラオケなどクラブ活動もあります
移住介護者の声
  • 神奈川県から移住しました!
  • 愛知県から移住しました!
  • 東京都から移住しました!

ページの先頭へ戻る

安心安全の介護サービスと医療体制

医療連携について

介護と医療は切り離せない重要な課題です。本当に価値ある終の棲家として、最後まで安心して暮らせる医療との連携を大切にしています。
協力医による定期診察、常駐看護職員の日常的な健康管理などをご提供致します。

医療連携について

介護職員24時間常駐

ケアスタッフ一人ひとりが気づきの心を持ち、チームワークを活かしながら、日常の行き届いた介護サービスを提供し、充実した医療体制を整えます。

  • 細やかな対応は、ご入居者さまからも好評です
    細やかな対応は、ご入居者さまからも好評です
  • 毎日明るく元気にご家族をサポートします!
    毎日明るく元気にご家族をサポートします!

ページの先頭へ戻る

入居金0円

「イリーゼ今帰仁」「イリーゼ八重瀬」「イリーゼうるま」は、入居金0円で初期費用負担なし。イリーゼでは“低価格で高品質”な新しい有料老人ホームのスタンダードを目指しています。

入居金0円

ページの先頭へ戻る

FAQ

みなさまの抱えるご不安にお応えします。

敷金、保証金が0円って本当?
はい! ご入居者様が気軽にご利用できるようにいたしました。イリーゼは関東を中心に北海道と沖縄にホームがありますから、夏は北海道で冬は沖縄で介護を受けるなんてことも可能なんですよ
デイサービスが併設されていないけど大丈夫?
安心してください。デイサービスと同様のレクリエーションや機能回復訓練を毎日行っていますので、みなさま充実した楽しい生活を過ごされています。
介護度が高くても安心して入居できますか?
もちろん大丈夫です。イリーゼは自立から要介護5の方まで安心して介護が受けれる環境を整えております。沖縄の自然を生かしたホームのデザインや設備だけでなく、介護サービスにも自信があります。
移住介護を受けると、残してきた不動産などの財産管理が心配
お金に関わる管理は、イリーゼと提携しているNPOや弁護士法人、または司法書士をご紹介いたしますので安心してご相談ください。
食事は沖縄料理ばかりなの? きざみ食はできますか?
お食事は日々の生活で楽しみのひとつです。地元の旬な素材を使用するようにしていますが、決して沖縄料理ばかりではありませんのでご安心してください。
また、ご入居者様の好みや状態に応じたご要望を最大限にお応えいたしますので、一般食から流動食まですべて対応しております。
居室の家具や家電はどうやって揃えるの?
有料にて家具家電をレンタルしておりますが数に限りがございます。多くの方はご見学やご入居の時にご家族がお部屋の寸法を測ってネット通販で購入したり、地元の家具店にて購入しております。いずれの場合も荷物の引き受けとお部屋までの搬入はホームで対応しております。
※大きさ、重さ、仕様によっては有料になる場合もございます。
台風が強いと聞きますが、建物や食事など大丈夫?
確かに沖縄の台風は強いです。台風時は職員もご入居者様もホームから外出することができませんので、災害対策マニュアルに沿って事前に宿直職員を増員し、給食職員は施設に泊まって調理いたしますのでご安心ください。また停電になってもホームには自家発電装置を備えつけてありますのでライフラインが止まることはありません。
特にイリーゼ今帰仁は海のそばなので、高波がきても安心できるように擁壁を上げ、公共工事に使用する塩害対策コンクリートを使用しております。窓硝子も大型台風を想定した風圧検査をクリアーしたものを使用しておりますのでご安心ください。

ページの先頭へ戻る

3F居室 2Fルーフバルコニー 1Fあずま屋からオーシャンビュー