「要支援」と「要介護」の違い

「要支援」と「要介護」の違い

介護保険を利用して介護サービスを受けるためには、役所から「要介護認定」を受ける必要があります。介護が必要な方をその状況に合わせて5段階に分類したものが「要介護認定」です。それに対して介護は必要ではないものの、日常生活に不便をきたしている人が分類されるのが「要支援」になります。この二つは混同されることも多いのですが、要介護認定にはいくつかの種類があり、「要支援」又は「要介護」の認定を受けますと、介護保険を利用することができます。

「要支援」と「要介護」の違いは定義だけではありません、実際に受けることができる介護サービスの内容や費用も異なってきます。

要支援とは

要介護とは

2016年春 新しく5ホームが北海道にオープン

老人ホーム入居までの流れ

毎日過ごす場所だからこそ、入居する前に本当に合っている介護施設なのかぜひご家族で見学にいらしてください。

老人ホーム入居までの流れ

フリーダイヤル:0120-12-2943

見学予約はこちら

資料請求はこちら

施設検索

タイプ別介護サービス
有料老人ホーム
ショートステイ
デイサービス
グループホーム
地域別施設検索
東京都
埼玉県
神奈川県
千葉県
長野県
北海道
沖縄県
タイプ別介護サービス
新卒採用
キャリア採用
サービスについて
介護理念
年間行事
イリーゼの食事
充実のレクリエーション
医療制度について
料金・費用
ご検討中の方へ
ご入居までの流れ
ホームでの一日
スタッフについて
スタッフ紹介
研修制度
  • 動画で見るイリーゼの施設
  • イリーゼのCM動画
イリーゼの施設特集
新しく5ホームが北海道にオープン
「沖縄」でセカンドライフを!
子どもとふれあえる施設
施設ピックアップ
おすすめコンテンツ
介護の知識箱
お客様の声
よくあるご質問

その他のコンテンツ

  • 採用情報長谷川介護サービスは魅力的な人材を探しています。
  • 物件情報施設店舗用の不動産情報を募集しています。