一茶双樹記念館でティータイム

@南流山

南流山の Minamiです!

最近は少し暑い日が続きますね~

6月4日(木曜日)気温27度でこの日は風が吹き湿度も低く、すがすがしい外出日和となりました!

地元流山にある[「一茶双樹記念館」でティータイム]という企画でお出かけしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな近くに観光スポットがあるなんて、俳人小林一茶が訪れ

た地、流山は江戸時代から酒の醸造のまちとして繁栄をしまし

た、みりんの開発者である秋元三左衛門は双樹と号して俳句を

たしなみ小林一茶と深い親交をもったそうです。

一茶は生涯50回以上も流山を訪れた江戸の商家の面影を残した建物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

心地いい風がふき、緑にいやされます。庭の赤松もみごとな枝ぶりをみせてもらいました。

縁側で美味しい煎茶とお菓子をいただきました。

江戸の風情にひたりゆったりとした時間を過ごしました。